窓際サラリーマンが経済的に豊かになった方法【節約】

花と空仕事

 私は、典型的な地方中小企業のサラリーマンです。

 就職氷河期世代の40歳代前半。

 恥ずかしいことに年収はやっと400万円というところ。平均以下です。

 ボーナスが少なくなれば、300万円台になってしまう程度です。

 古い言い方ですが、出世もしていない窓際サラリーマンです。

 それでも、40歳までに一定の資産を築くことができました。

 その方法を紹介したいと思います。

 
 価値観や環境はそれぞれ違うので、参考にならない部分も多いと思います。

 再現性がある部分は参考にしていただき、そのほかの部分は「こんな考えもあるんだ」と楽しんでもらえたら有難いです。

スポンサーリンク

妻は専業主婦、子ども2人でも豊かになれる

 花と空

 「経済的に豊か」といっても、人それぞれだと思います。

 一つの基準として、アッパーマス層であれば「豊か」なのかと思います。

  アッパーマス層とは、金融資産が3000万円~5000万円の層です。

 野村総合研究所が分類している基準です。

 日本の約8割は金融資産3000万円以下の世帯ですので、アッパーマス層は上位20%以内ということになります。

 経営者の方やエリートサラリーマンの方にとっては、大した金額ではないかもしれません。

 ただ、落ちこぼれサラリーマンにとっては大きな金額です。

 冒頭で年収400万円と書きましたが、30歳代の大半は300万円台でした。

 妻は専業主婦です。子供は二人。

 そんな私でも、30歳代後半でアッパーマス層に達しました。

 結論から言えば、節約して、貯蓄して、増やすということを実践するしかないと思っています。

住宅、保険などの固定費の削減を

 まず節約です。

 というか、節約しなければ生活できない状況といった方がいいかもしれません。

 インセンティブ制度の給与体系であれば、頑張って成果をあげれば給与も増えるでしょう。工場勤務であれば、残業をして残業代をもらうことも可能でしょう。

 私の会社の場合、インセンティブ制度もないし、いくら残業をしても残業代はゼロです。

 収入を増やす術を知らなかったので、まずは節約に励みました。

 
 大切なのは固定費の削減です。

 私は環境に恵まれていて、結婚後は住宅関連費はほとんどお金を使っていません。

 一人暮らしのときは、アパートを借りていたのですが、収入の3分の1ほどの家賃だったので負担感は大きかったです。

 結婚後は、親戚の古いアパートに住せてもらって、今は妻の実家に住んでいます。

 
 もし妻の実家に住むことができていなかったら、古い賃貸物件に住むか、古い戸建てを買って、リフォームして住むという選択をしていたと思います。

 地方都市での話ですが、1000万円の戸建てを買って、500万円かけてリフォームをして住めば十分に快適な生活が送れます。

 1500万円については、30年間の住宅ローンを組めば、月々の返済は5万円程度。

 固定資産税やメンテ費用は掛かりますが、ほぼ賃貸と同じくらいの負担になります。

 そのくらいの借入であれば、もし引っ越しの必要があっても、貸し出したり、売却することが可能だと思います。

【関連記事】住宅関連費の削減で生活防衛

保険は必要最小限に

 保険については、必要最小限にしています。

 子供が生まれたのをきっかけに生命保険に入りましたが、ネット型の掛け捨て保険を選びました。

 具体的にはライフネット生命です。

 選んだというか、毎月の生活が厳しいので、そのような選択肢しかありませんでした。


  子供がいる家庭だと、医療保険も含めて月に5万くらい払っている家庭も多いようですね。

 一般的に日本人は保険にお金をかけすぎと言われています。

 どのような保険が必要か、どのくらいの保障が必要か見直しましょう。

【関連記事】【養老保険は必要?】かんぽ生命の不適切販売を機に保険を考える!

車は中古車で十分 

 私は地方都市に住んでいますので、毎日車に乗ります。

 私と妻の2台の車が必要です。

 ただ、中古車で十分です。

「車は10万キロが限界」は、昭和の話です。

 走行距離が多い人は、燃費に気を使う必要がありますが、基本的に10万キロくらい走った車でもメンテナンスをすれば十分走ります

 自動車保険も最低限です。車両保険は必要ありません。

 東京などの大都市であれば、手放すことを考えるべきだと思います。

 今はカーシェアリングも拡大していますので、そのようなサービスやタクシーを活用すれば、車を維持するよりも安価なことが多いです。

【関連記事】車の維持費を見直して固定費を削減

格安スマホの節約効果は大きい

 最近の話では、格安スマホの利用は固定費削減に大きな効果があります。

 初期設定の煩雑さや混雑時間帯の通信速度低下など、多少の不便はあります。

 ただ、妻と合わせて月に1万円以上の節約になってます。

 年間12万円。家族旅行に行けますね。

【関連記事】格安スマホってどのくらい安い?実例で解説

婚礼費用を抑えて、「ご祝儀」で結婚生活の基盤を

 花々

 固定費ではありませんが、私の場合、結婚関連費用を抑えたことが大きかったです。

 「結婚という門出は華やかにしたい」という価値観があることも理解できます。

 それを否定するつもりはありません。

 あくまで私の事例や価値観として紹介します。


 私は「披露宴はしたくない」と考えていました。

 コストの問題だけではなく、目立つことが好きではなかったからです。

 それと、「尊敬できない上司を披露宴に呼ばなければいけない」ということが我慢できませんでした。

 披露宴となると、どうしても上司を呼んで、挨拶をしてもらうことになります。

 その当時、尊敬していない直属の上司がいました。その上司を披露宴という舞台に呼ぶことが嫌でした。

 上司としても、プライベートなことをほとんど知らない部下のためにお金を払って披露宴に出席して、挨拶をするのは嫌だったと思います。

 妻も披露宴をしないことに理解をしてくれました。

 結婚式を神社であげたあとに、親類を呼んでの食事会をして、それを身内の披露宴としました。

 会社関係については、パーティー形式で同僚が企画してくれました。

 参加者も祝儀が必要ないので、負担が少なくて良かったのではないかと思っています。


 結果として、私も妻も親類が多いこともあって、収支は200万円以上のプラスになりました。

 祝儀は「結婚式のためのお祝い金」ではないと思います。

 大切なのは、結婚式ではなくて、結婚生活です。そのためのお金として使わせていただいています。

 200万円を貯蓄しようと思ったら、どのくらいの努力や期間が必要かと考えると、本当にありがたいです。

 例えば、200万円を持っておくだけで、生活防衛費の一部とすることができます。

 貯めなくても、長く使えるような家具を買えば、家庭生活を長期で支えてもらえます。

 
 私の場合、ご祝儀は、結婚生活を支えてもらう大事な基盤となりました。

 この資金があったおかげで、「増やす」というステップに進むことができました。

 いくら稼いでも、「ザル」では貯まらない

 私は優秀なサラリーマンではありませんので、月給を1万円上げるのが大変です。

 1万円の固定費を削減したり、浪費を減らす方が楽です。

 所得には税金がかかりますので、1万円を手元に増やすためには1万2千円ほどを稼ぐ必要があります。手取りを1万2千円アップさせるには、何年かかるか・・・。

 それに、いくら稼いでも、浪費ばかりでは貯蓄はできません。

 ザルにいくら水を入れても溜まるはずはないですよね。

 よく「お金持ちはケチ」と言いますが、豊かになるためには、節約や節制の意識は必要だと思います。

 主に結婚後から現在まで続けている節約の事例を紹介しました。

 「貯める」・「増やす」についての記事は以下です。

【関連記事】窓際サラリーマンが豊かになる方法【貯蓄・運用】

固定費削減については、以下の記事を参照ください。

【関連記事】固定費の見直しで月に1万円の支出削減

コメント