「ウィルキンソン・ハイボール」レビュー 【ハイボールらしいハイボール】

ハイボール

アサヒの「ウィルキンソン・ハイボール」を飲んでみました。

アサヒ傘下のニッカのウイスキーを使っています。

少し酸味があって、爽やかなハイボールでした。

「ウィルキンソン・ハイボール」は次のような人におすすめです。

  • すっきりしたお酒を楽しみたい人
  • 糖質を気にせずにお酒を楽しみたい人
  • ビールより高めのアルコール度数で楽しみたい人

感想や商品の特徴をまとめたので、お酒選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

甘さがなく、すっきりした飲み心地

飲んでみると、すっきりした味わいです。

角とは違う、少し尖ったウイスキーの味わいもあります。

ウイスキーの香りはあまりないですが、炭酸が効いていて爽快です。

甘さもないので、オジサン(私)には飲みやすいです。

ハイボールらしいハイボールで、おいしいです。

レモンスピリッツも配合

原材料は、ウイスキー(国内製造)、レモンスピリッツ、食物繊維/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素。

酸味の要因の一つはレモンスピリッツかもしれませんね。

この酸味のおかげで、飲みやすくなっているように感じます。

100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分  9%
  • エネルギー   57kcal
  • タンパク質   0g
  • 脂質      0g
  • 炭水化物   2.5g(食物繊維2.5g)
  • 食塩相当量  0.0mg

100mlあたりのカロリーは57kcal

アルコール度数が9%あるので、カロリーも少し高めです。

プリン体はゼロ。糖質も入っていません。

アルコール度数9%の割りには、飲みやすいです。

ウィルキンソン・ハイボール

ハイボールの良さが分かるハイボール

ウイスキーの味わいも感じられる、爽快なハイボールでした。

甘くなくて、シンプルなハイボールですが、私はそれが好みです。

糖質やプリン体が気になる人にもおすすめです。

ただ、甘いお酒が好きな人は飲みにくいかもしれません。

価格は350ml1本で130円ほど。(アマゾン価格)

お手ごろな価格で嬉しいです。

アルコール度数でみるとストロング系なので、飲みすぎ注意です。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

ハイボールの関連記事はこちらです。

コメント