宅飲みにウイスキーと焼酎がおすすめの理由【糖質ゼロでお手頃価格】

ウイスキー樽楽しみ

 気付けば40歳代、なかなか給料は増えないけど、体重だけが増加する。そんな悲しみを抱えているのは、私だけではないはずです。


 お小遣いが減って、居酒屋に行く回数は減ったけど、自宅でお酒を楽しみたい。


 そんなおじさんにピッタリなのが、ウイスキーと焼酎です。


 理由は、手ごろな価格の商品も多く、美味しい。それに、糖質がゼロだからです。


 詳しい理由をそれぞれ説明します。

ウイスキー樽

ウイスキー・焼酎の糖質はゼロ

 蒸留酒である日本酒やワインには糖質がありますが、ウイスキーや焼酎は蒸留酒ですので糖質はありません。


「糖質ゼロ」って、おじさんにとっては魅力的な言葉です。


 ソーダや水で割れば、糖質ゼロのままで楽しめます


 夏はハイボールや焼酎水割りなど、寒くなったらウイスキーのロックや焼酎お湯割りなど、楽しみ方はいろいろあります。


 最近人気の缶酎ハイには糖質が入ったものもあります。なかには「糖質ゼロ」という缶酎ハイもありますが、人工甘味料が含まれていることがあります。

 缶酎ハイは注意した方がいいです。


 プリン体についても、焼酎はゼロです。ウイスキーは、100mlあたり0.1mgで、ほとんどありません。

  
 ちなみにカロリーも控えめです。


 アルコール20gあたりのカロリー比較は次の通りです(データ出典:食品成分データベース)。

 糖質ゼロでカロリー控えめ。健康が気になる世代には嬉しいです。

 カロリー(kcal)炭水化物(g)たんぱく質(g)お酒の量(ml)
ビール216161.6540
日本酒(普通酒)19680.7180
赤ワイン1613.30.4220
本格焼酎1020070
ウイスキー1420060

安価なウイスキーでも美味しい銘柄が多数

 次に価格です。ウイスキーは高級というイメージもあるかもしれませんが、お手頃な価格の商品も多いですし、十分に楽しめます。

 角瓶は1本1300円程度、ブラックニッカは1本1000円以下です。


 スコッチウイスキーでも、ジョニーウォーカー赤ラベル、ホワイトホースファインオールド、バランタインファイネストなどは1000円程度で買えます。


 自宅で炭酸水を用意してハイボールとして飲めば1杯100円以内です。


 ビールよりも安いです。


 低価格帯のウイスキーはストレートで飲むとアルコールがきついかもしれませんが、ハイボール、ロック、水割りなら十分に楽しめます。


 2000円台となると、ジョニーウォーカー黒ラベル、シーバスリーガル12年、グレンフィデック12年などがあります。

 このクラスになると、ストレートでも比較的飲みやすくなります。


 焼酎はもともと大衆酒です。最近は「森伊蔵」のようなプレミアムな商品も増えていますが、全般的には比較的安く楽しめるのが特徴です。


 芋、麦などの本格焼酎で、1パック(1800ml)1600円程度です。


 ウイスキーは40度程度、焼酎は25度程度なので、単純に比較はできませんが、どちらも十分にコスパがいいと思います。


 ウイスキーのイメージとして、「高いウイスキーは美味しいけど、安いウイスキーは美味しくない」と思っている人も多いような気がします。

 
 アルコール度数が高いので、慣れないと飲みにくいと思いますが、1000円台のウイスキーでも飲み方次第で飲みやすくなります。


 ハイボールなどでいろんなウイスキーを試すと、宅飲みの幅が広がると思います。

いろんな銘柄から自分が好きな味わいを見つける

 テーブルの上のウイスキー

 どのお酒も種類は豊富なんですが、お手ごろな価格帯でも、いろいろな味がたのしめます。

 
  ウイスキーであれば、大きく分けて、ジャパニーズ、スコッチ、バーボンなどがあります。


 スコッチの中でも、先ほど書いたように、1000円~2000円程度でもいろいろな銘柄が楽しめます。


 バーボンでも、ジムビームやIWハーパーゴールドメダルなど、2000円程度で買える銘柄があります。


 スコッチ、バーボンと一言でいっても、銘柄で味わいは大きく違います。


 スコッチのなかにも、あっさりしたウイスキーもあれば、スモーキーなウイスキーもあります。


 バーボンは独特の甘味がありますが、銘柄でその風味が違います。


 焼酎については、芋、麦、米、蕎麦をはじめ、各地でいろんな種類がつくられています。


 手に入れやすくて、お手ごろ価格なものは、どうしても流通量が多い、大手メーカーの焼酎になると思います。


 大手メーカーの銘柄だけでも、数が多くて、飲んだことがないものも多いです。


 代表的な芋焼酎の「霧島」だけでも、黒霧島、赤霧島、白霧島、金霧島などがあります。


 数多い銘柄のなかから、自分好みの味を見つけるのが楽しみの一つです。

まず飲んでみるウイスキー・焼酎はこれ!

 最後に、どれから飲めばいいか分からに人のために、おすすめ銘柄をあげます。


 味は千差万別ですし、銘柄の種類も多いので、選ぶのは難しいです。


 ただ、「何を飲めばいいのか分からない」という人のために、ウイスキーは飲み方別、焼酎は原料別で選びました。

 どれもお手頃価格で、比較的手に入りやすいものです。

【ウイスキー】
 ハイボール・・・ホワイトホースファインオールド
 ロック・・・バランタインファイネスト
 ストレート・・・ジョニーウォーカー黒ラベル
【焼酎】
 芋焼酎・・・島美人
 麦焼酎・・・いいちこ
 米・・・かなた
 蕎麦・・・雲海

記事中で申し上げたように、いろんな銘柄があります。

自分に合う1本を見つけてみてください。

【関連記事】ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!
【関連記事】おいしいハイボールの作り方を紹介!簡単、低予算でBarの味!?

コメント