投資初心者におすすめ!積立NISAを使った資産形成【投資の勉強】

積み木ブロック投資

 個人が資産運用をするときの基本は、長期の分散投資と言われています。

 潤沢な投資資金があるわけではなく、月に数万円程度から投資を始める人がほとんどだと思います。そのような人にピッタリなのが積立NISAです。

 積立NISAの特徴やメリット・デメリット、さらにおすすめの投資商品についてまとめました。

スポンサーリンク

積立NISAは長期・積立・分散投資のための非課税制度

 積み木ブロック

 そもそも「積立NISA」って何?という話です。

 言葉は聞いたことはあるけど、内容は分からない人が多いのではないでしょうか。

 積立NISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を国が支援するための非課税制度です。

 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

 「NISA口座(非課税口座)」を使うことで、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になります。

 利益の約20%の税金がゼロになるのは大きいですね。

 積立NISAと同じような制度で、NISAがあります。
 2つの制度のポイントは以下の通りです。

 積立NISANISA
対象者20歳以上20歳以上
運用方法積立方式通常買付・積立方式
年間投資上限額40万円120万円
非課税となる期間20年5年
対象商品※国が定めた基準を満たした投資信託国内株式・海外株式・投資信託
口座開設期間2037年開始分まで2023年開始分まで
非課税対象対象商品にかかる配当金・売却益等

 期間がNISAは5年、積立NISAは20年です。

 積立NISAは、少額で長期的な投資を対象にした制度になります。

積立NISAのメリットって何?

 メリットは、制限はありますが、配当や売却益に課税されないことです。

 その非課税分も複利運用することで、リターンが大きくなります。

 それに、いつでも解約ができます。つまり換金ができます。

 例えば、個人型確定拠出年金「iDeCo」は受け取りが60歳以上です。
 
 私のように副業で事業をしていると、「もしもの時に換金できる」ことは大きなメリットです。

【関連記事】iDeCo(イデコ)を使うべき人は?

 積立NISAで期待できる運用益はどのくらい?

 実際にどのくらいの運用益が期待できるかシミレーションをしみましょう。

 月々3万円で、20年間積み立てた場合、年利5%想定での運用結果は以下の通りです。 

累計積立額7,200,000円
最終金額12,223,733円
増えた額5,023,733円
非課税メリット1,020,571円

 運用益は、500万円以上となっています。

 それに、非課税メリットが100万円です。大きいですね。

積立NISAのデメリットって何?

 非課税という大きなメリットがある一方で、制限やデメリットがあります。

・金額の制限
・運用商品が限定されている
・元本保証がない
・損益通算できない

 金額の制限は、年間40万円までです。

 年間の40万円分を使わなかったとしても、次年度への繰り越しはできません。

 商品が限定されていることは、デメリットですが、初心者にとってはメリットになることもあります。

 対象商品はいずれも手数料が安く、難しい手法を使わないもので、言い換えれば、金融庁が選んでくれた商品です。

 投資信託のなかには、手数料が高かったり、買うに値しない商品もあります。

 積立NISAの対象商品は、そのような商品なありませんので、初心者の方には安心かもしれません。

  
 ただ、元本の保証はありません。非課税にして投資を支援する制度であり、投資そのもののリスクが変化するわけではありません。

 しかし、長期投資ですので、そのリスクを分散できます。
 短期でリターンを得ることは難しいですが、長期的なスパンで見て経済成長の恩恵を受けることは、決して難しくはありません。

 もちろん、どの商品に投資するか?ということが大事なのですが・・・

 損益通算は、初心者の人は気にしてなくて大丈夫です。

 通常、一つの株式口座の運用で損失が出てしまった場合、ほかの口座で利益が出ていたら、その損失と利益を相殺して、利益を抑えることができます。
 NISAの場合は、もし損失が出ても、ほかの口座の利益と相殺できません。

 NISA口座しかない場合は、損益通算の有無は関係ないですね。

積立NISAにおすすめの投資商品

 砂時計とお金

 制限やデメリットもありますが、それでも積立NISAをするメリットは大きいと思います。

 ただ、NISA(積立NISA)というのは、非課税制度のことですので、問題は運用の中身です。

 シミュレーションでは、年利5%という想定で紹介しましたが、商品によっては、元本割れの可能性もあるでしょうし、10%近い運用も可能だと思います。

 では、積立NISAにおすすめの商品はどれなのでしょうか?

 何度も言っていますが、積立NISAは長期投資を支援する制度です。
 ということは、商品としても、長期投資に向いている商品が適しているはずです。

 では、長期投資に適している投資商品とは何でしょうか?

 「楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)」や「eMAXIS Slim米国株式」のような、アメリカの株式に広く投資するファンドがおすすめです。

 アメリカの株式市場は長期的に右肩上がりの成長を続けてます。
 短期的には、浮き沈みがありますが、例えば20年単位の投資をした場合、どんな高値の時に買ってもマイナスにはならない、という結果になっています。

 これまでのデータをもとにした一般的な見方としては、年利7%程度の運用益が期待できると言えます。
 もちろん、これは過去のデータですので、これからどうなるかは誰にも分かりません。

 「アメリカ株だけでは不安」という人は、日本株のインデックスファンドや債券重視型のバランスファンドも買ってリスクを分散してもいいと思います。

 積立NISAはあくまで投資です。自分がどのくらいの利回りを目指すのか、つまり、どのくりのリスクをとれるのかを考えて投資をしましょう。

 投資は自己責任でお願いします。

 どんな人におすすめ?

 積立NISAは、初心者で、余剰資金がある人におすすめです。

 初心者は、個別の株式を選ぶことは難しいですし、プロの投資家さえ、個別株で利益を上げ続けることは難しいです。それに、資金的に少額であれば、分散して投資することも難しいです。

 なので、積立NISAの範囲で、インデックスファンドを買うことで投資をスタートするのもいいと思います。

 「貯蓄はあるが、そのまま銀行に預けておいても増えない」という人は、ぜひ積立NISAを利用することを検討してみてください。
 
 よく言われるように、投資は余剰資金で行うものです。
 貯蓄がない人は、まずは貯蓄して生活資金を確保したうえで、投資を始めましょう。
【関連記事】サラリーマンにおすすめ!インデックス投資
【関連記事】株式、投信、債券など投資商品の特性まとめ

投資
スポンサーリンク
くろくまをフォローする
家飲みライフ

コメント