「トリスハイボール缶 はじけるレモン」レビュー 【レモンしっかりだけど甘い】

トリスハイボールはじけるレモンハイボール


サントリーのトリスハイボール缶の「トリスハイボール  はじけるレモン」を飲んでみました。

 

2021年6月15日発売です。

 

期間限定の商品で、アルコール度数は6%

 

前回レビューした「トリスハイボール そよぐ風とレモン」と同じ度数で、同じく期間限定の商品です。

 

比べてみると、名前の通り「はじけるレモン」の方がレモンの酸味を強く感じる一方、甘味もありました。

 

「トリスハイボール はじけるレモン」は次のような人におすすめです。

・レモン風味の強いハイボールを楽しみたい人
・甘めのハイボールを楽しみたい人
・ビール程度のアルコール度数で楽しみたい人


感想や商品の特徴をまとめたので、お酒選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

トリスハイボールはじけるレモン

レモン風味が強くなったけど、スッキリではなくなった


一口目を飲んでみて、レモンの酸味や風味がしっかりしていて、飲みごたえがあると感じました。

 

同じアルコール度数の「トリスハイボール そよぐ風とレモン」と比べると、明らかにレモンの味わいが強いです。

 

ただ、甘味もあるので、酸味や苦みが全面に感じられる訳ではありません。

 

「レモンの味がしておいしいな」と思って飲み進めると、甘さが気になりはじめました。

 

口に残る後味が甘いです。

 

「そよぐ風とレモン」にあった爽快感が少なくなっていると感じます。

 

ウイスキーの癖はなく、飲みやすい


原材料は、ウイスキー(国内製造)、レモンスピリッツ、レモン、糖類/炭酸、酸味料。

 

トリスハイボールにレモン原料酒が加えてあるようです。

 

糖類も入っていて、全体的にまろやかな印象です。

 

トリス自体がクセがないウイスキーなので、飲みやすいですね。

 

アルコール感も強くはありません。

トリスハイボールはじけるレモンアップ

カロリー43kcal/100ml、プリン体はゼロ


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分  6%
エネルギー   43kcal
タンパク質   0g
脂質     0g
炭水化物  2.2g(糖類1.97g)
食塩相当量 0.01~0.06g


100mlあたりのカロリーは43kcal

 

プリン体はゼロです。

 

「そよぐ風とレモン」と比べると、糖類が少し多いです。

 

ただ、カロリーは「はじけるレモン」の方が2kcal/100ml少ないです。

 

甘さが気になって量を飲めない


レモンの味わい楽しめるけど、甘さが気になるハイボールでした。

 

ビールの代わりにハイボールを飲む人も多いと思いますが、500mlくらいを飲むと考えると、甘すぎると思います。

 

やはり、ハイボールの良さは爽快感だと思います。

 

私にとっては、「はじけるレモン」の甘さが気になってしまいます。

 

逆に言えば、甘めのハイボールを飲みたい人にはちょうどいいかもしれません。

 

私は、「そよぐ風とレモン」の方が好きです・・・

 

「はじけるレモン」の価格は350ml1本で150円ほど。

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

 
 

コメント