「樽ハイ倶楽部 梅干しサワー」レビュー 【甘くない梅酒ソーダ】

お酒

アサヒの「樽ハイ倶楽部 梅干しサワー」を飲んでみました。

21年4月に期間限定で発売され、10月からは通年商品となりました。

「樽ハイ倶楽部 梅干しサワー」は次のような人におススメです。

  • 梅の酸味・香りがあるお酒を楽しみたい人
  • 適度な甘味のお酒を楽しみたい人
  • ビールよりも強いアルコール度数で楽しみたい人

製品の特長などをまとめましたので、お酒選びの参考になれば幸いです。

梅酒のような香り・酸味を楽しめる

見た目は、ほとんど色は付いていません。

グラスを鼻に近づけると、梅酒のような香りがします。

飲むと、梅の酸味と風味が広がって、爽やかです。

少し甘さはありますが、気にならない程度です。

ただ、苦みが舌に残ります。ウォッカベースなので、ウォッカの苦みでしょうか?

一般的な梅酒のソーダ割りに比べると、甘さが控え目という印象です。

ウメエキスや酵母エキスを配合

樽ハイ倶楽部梅干しサワー

原材料は、ウオッカ(国内製造)、ウメエキス(南高梅)、酵母エキス、糖類/炭酸、酸味料、香料。

100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分        8%
  • エネルギー           56kcal
  • タンパク質           0g
  • 脂質                    0g
  • 炭水化物              2.5g(糖質2.5g、食物繊維0~0.2g)
  • 食塩相当量           0.03g

南高梅のウメエキスが入っていて、十分に「梅」を感じることができます。

ウォッカベースで、少しアルコールっぽさがあります。

焼酎ベースであれば、もっと柔らかい口当たりになるのかもしれません。

糖質は入っていますが、甘ったるい印象はないです。

「甘い梅酒ソーダ」が苦手な人におすすめ

梅の酸味や香りを十分に楽しめるお酒でした。

甘さも少ないので、オジサン(私)でも飲みやすいです。

ただ、後味の苦みが気になりました

ウォッカベースでアルコール度数8%なので、それなりにアルコールの味わいもあります。

強めのアルコールが好きな人におすすめです。

市販の梅酒ソーダが甘すぎると感じる人は、こちらを飲んでみてはいかがでしょうか。

価格は、350ml1本で140円程度。(アマゾン価格)

お酒はほどほどに楽しみましょう。

関連記事も参照ください。

コメント