「翠(すい)ジンソーダ缶」レビュー【甘くなくて爽やか】 

お酒

サントリーのジン「翠(すい)」のソーダ缶が発売されました。

翆は柚子などを使ったジャパニーズジンで、発売以来人気です。

ソーダ缶は、自分で分量を量ったり、ソーダを用意する必要がないので、お手軽に翠を楽しめます。

「翠 ジンソーダ缶」は次のような人におすすめです。

  • 甘くないソーダ割を楽しみたい人
  • 爽やかな風味のソーダ割を楽しみたい人
  • ビールより強めのアルコール度数で楽しみたい人

商品の特性などをまとめましたので、お酒選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。

美味しい割合は翠1:ソーダ4

パッケージは、涼しげな色合い。

飲んでみると、当たり前ですが「翠」の味わいです。

ジンは蒸留酒に香草を加えたお酒ですが、翠の特徴は柚子、緑茶、生姜という和素材を加えている点。

柑橘系の香りがして、さわやかな風味です。

翠とソーダの割合は1:4

アルコール度数7%なので、もう少し濃いめを想像していましたが、意外と軽いです。

ただ、十分に翠の爽やかさを感じることができます。

クセが少なく、すーっと飲める濃さです。

サントリーも「食事にあう」という売り出し方をしていますが、その通りです。

甘くないので、日本食のような繊細な料理にも合いそうです。

翠やジンについては、過去記事を参照ください。

カロリーは41kcal/100m、プリン体は0mg

原材料は、スピリッツ(国内製造)、糖類/炭酸、酸味料。

100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分  7%
  • エネルギー   41kcal
  • タンパク質   0g
  • 脂質      0g
  • 炭水化物            0.1(糖質0.03g)
  • 食塩相当量       0~0.03g

プリン体は0mgです。

糖質も少なくて、低カロリーですね。

翠ソーダ缶

ジン初心者が手軽にソーダ割を楽しめる

ジン初心者が味わうには、ちょうどいいお酒だと思いました。

翠の爽やかな風味を楽しめて、ハイボールとは違う味わいがあります。

ソーダ割をつくる手間もないので、多くの人が飲みやすいですね。

価格は1本170円程度(アマゾン価格)。

翠のボトルを買うのはハードルが高いので、「お試し」という意味でも嬉しいですね。

個人的には、ロックも好きなので、自分で濃さを調整して楽しみたいです。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

関連記事も参照ください。

コメント