「-196℃ ストロングゼロ ビターレモン」を飲んでみた【苦いけど甘さが気になる】

ストロングゼロビターレモンレモンサワー


サントリーの「-196℃ ストロングゼロ ビターレモン」を飲んでみました。

 

ストロング系で人気のシリーズですね。

 

「ダブルレモン」もありますが、今回は「ビターレモン」。

 

名前の通り、レモンの苦みが特徴的でした。

 

「ストロングゼロ ビターレモン」は次のような人におすすめです。

 

・レモンの苦みを楽しみたい人
・甘さもあるレモンサワーを楽しみたい人
・ガツンと酔いたい人

 

商品の特性をまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

ストロングゼロビターレモン

レモンの苦みが濃く、甘味もある


一口飲んでみて、レモンの苦みが濃いなと思いました。

 

酸味はそれほど強くありません。

 

甘さは適度にあります。

 

後味は、むしろ甘さが残ります。

 

やはり9%なので、アルコールっぽさも感じます。

 

苦みやアルコール感など、全体的に飲みごたえがあります。

 

レモンピール(果皮)などを配合


サントリー独自の「-196℃製法」でつくられています。

 

これは、レモンをまるごと-196℃で瞬間凍結する製法で、果実を新鮮な状態に保つことができるとのこと。

 

その瞬間凍結した果実をパウダー状に粉砕。

 

パウダー状になったら、ウォッカに浸漬させているようです。

 

レモンピール(果皮)浸漬酒レモンまるごとの浸漬酒が使われています。

 

原材料は、レモンピール、レモン、ウオツカ(国内製造)/酸味料、炭酸、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)。

 

やはり、レモンピールが多く入っているので、苦みを感じるのでしょうか。


ストロングゼロビターレモンアップ

カロリーは53kcal/100ml


100mlあたりの成分は以下の通りです。

エネルギー   53kcal
タンパク質   0g
脂質     0g
炭水化物  0.2~0.7g
食塩相当量 0.09~0.17g


アルコール分は9%。

 

プリン体と糖類はゼロです。

 

ただ、甘味料が入っているので、甘さがあります。

 

レモンの苦みよりも、甘さが気になる


レモンの苦みを感じられるレモンサワーですが、私には甘すぎます。

 

甘味料の甘さが苦手なのかもしれません。

 

それに、アルコールっぽさも結構あります

 

価格は350ml1本で100円ほど(ディスカウントストア価格)。

 

個人的には、同じアルコール度数でも「檸檬堂鬼レモン」の方が飲みやすいです。

 

ただ、檸檬堂はカロリーが高いです・・・。

 

私は苦手でしたが、レモンの苦みが好きで、ガツンと楽しみたい人にはいいかもしれません。

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

 
 

コメント