サッポロの限定醸造ビール「サクラビール」を飲んでみた

サクラビール楽しみ


先日、お酒売り場でノスタルジックなデザインの缶ビールを見つけました。

 

工場との絵とサクラのマークが描かれた「サクラビール」です。

 

サッポロの商品で、限定醸造。早速飲んでみました。


サクラビール

スポンサーリンク

帝国麦酒の「サクラビール」をサッポロが現代風にアレンジ

メーカーサイトによると、このサクラビールは、帝国麦酒がつくっていた商品を復刻したものということ。

 

帝国麦酒は九州のメーカーで、大正時代に完成した九州初のビール工場を建設。

 

そこでつくっていたのがサクラビール。

 

アジア各地にも輸出されていたそうです。

 

サクラビールをつくっていた工場は、1943年にサッポロが継承。

 

今回、「サッポロ サクラビール」として現代風にアレンジして発売されました。

 

ちなみに、ラベルは発売当時のデザインということです。

限定10万ケースの販売計画


限定醸造ということですが、価格的にも普通のビールと変わりませんでした。

 

ディスカウントショップで、350mlが税込180円ほど

 

商品の概要は以下にまとめます。

・サイズ     350mlと500ml
・アルコール分  5%
・原材料名    麦芽、ホップ、米
・発売日・地域  2021年2月24日・全国
・価格      オープン価格
・販売計画    10万ケース(大びん633ml×20本換算)


100mlあたりの栄養成分は次の通りです。

・エネルギー   42kcal
・たんぱく質   0.5g
・脂質      0g
・炭水化物    3.3g(糖質3.2g・食物繊維0~0.2g)
・食塩相当量   0g


ちなみに、プリン体は約11mgです。

【飲んだ感想】コクがあっておいしいビールです

カウンターのビール

飲んでみての感想ですが、「コクがあるな」と思いました。

 

色はオレンジっぽい、濃い色です。

 

最近はライトなビールを飲むことが多かったので、コクや芳醇さを感じました。

 

苦みを楽しむような、クラッシックな味わいです。

 

昔ながらのラガービールの味わいが好きな人は、このサクラビールも好きかもしれません。

 

一方、最近多い「切れ味」が好きな人の口には合わないかもしれないですね。

おいしいけど、価格を考えたら

 

サクラビール、私自身は好きな味でした。

 

デザイン的にも好きですし、ラガービールっぽい味わいも好きです。

 

サクラビールは限定醸造なので、今しか楽しむことはできません。

 

口コミなどでは評判もいいようなので、試したい人は早めにどうぞ!


ただ、毎日楽しむのであれば、価格的に考えてもハイボールが一番です。

 

自宅でハイボールをつくれば、半額以下で楽しめるし、プリン体も気にしなくていい

 

ハイボールやウイスキーを毎日の晩酌で楽しみながら、たまに気が向いた日はビールを飲む。


そのくらいの配分が一番心地いいです。

 

【関連記事】ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!

【関連記事】サントリーJIN「翠」を飲んでみた! 飲み心地やカロリーは?

コメント