日本と対戦するスコットランドの強さは?【ラグビーW杯10月3日更新】

スコットランドのラグビー場楽しみ

 ラグビーワールドカップで日本代表が戦う予選プールA。その第4戦は10月13日19:45~。相手はスコットランドです。

 スコットランドといえば、イギリスを構成する地域で、イングランドなどと同じように、ラグビーの強豪チームのイメージがありますね。

 前回ワールドカップでも対戦して日本が負けていますが、今回もスコットランド戦が重要な戦いになる可能性があるようです。

 今回のワールドカップでスコットランド代表は、初戦でアイルランドに3-27で完敗。

 しかし、サモア戦には32-0で勝利し、復調の兆しがあります。

 スコットランド代表の特徴などをまとめてみました。

スポンサーリンク

スコットランドの世界ランキングは9位(19年10月1日時点)

スコットランドのラグビー場

  ラグビーの国際統括団体「ワールドラグビー」が発表している世界ランキング(19年10月1日時点)では、9位です。一方、日本のランキングは8位

 最近のランキングの変動で日本が上位になりましたが、戦歴を考えると格上の対戦相手です。

ワールドカップでは4位が最高

 ワールドカップの結果は、過去8回に出場し、最高位は4位で、1回。ベスト8が6回。プール戦敗退が1回です。個人的には、もっと上位の結果を残していると思っていました。

 ただ、日本は決勝トーナメントにも進出していないのですから、差は大きいですね。

 数年前までは世界ランキングで12位くらいでしたが、最近は6~7位に上昇。近年は好調を維持しています。

 ▼スコットランド代表のワールドカップでの成績

1987年 – ベスト8
1991年 – 4位
1995年 – ベスト8
1999年 – ベスト8
2003年 – ベスト8
2007年 – ベスト8
2011年 – プール戦敗退
2015年 – ベスト8

日本との対戦成績はスコットランドの10勝1敗

 これまでの日本との対戦成績は、スコットランドの10勝1敗
 
 前回ワールドカップでの試合は覚えてている人も多いと思います。

 南アフリカ戦の歴史的な勝利のあと、スコットランド戦でした。日本は前半7-12で折り返しましたが、後半トライを重ねられ10-45で敗れました。

 この試合に勝っていたら、日本は初めての決勝トーナメント進出でした・・・。

ボールを積極的に動かすチームへ進化

 もともとスコットランド代表は、しっかり守り、ペナルティゴールで得点を重ねていくスタイルだったようです。

 しかし、2014年から2017年までHCを務めたヴァーン・コッター(ニュージーランド出身)によって、ボールを積極的に動かすチームへの進化
 
 その後、HCを引き継いだグレガー・タウンゼンドもボールを動かすラグビーを継承しています。

 グレガー・タウンゼンドは、2012年から国際リーグ「プロ12」(現プロ14)に参加するグラスゴーを指揮した経験を持っています。

 そこで、14-15年シーズンに優勝という実績を残し、スコットランド代表のHCに就任しています。

レイドローの正確なキックが脅威

 

グレイグ・レイドロー

グレイグ・レイドロー 画像出典:Wikipedia

 日本にとって厄介な選手といえば、グレイグ・レイドローがいます。名前は憶えていなくても、顔を見れば思い出す人も多いのではないでしょうか?
 
 前回ワールドカップで、彼の活躍で日本代表は負けたといっても過言ではないと思います。彼の正確なキックと冷静なゲームメークは今回も脅威です。
 
 そのほか、20歳代の選手も育っています。

 スチュワート・ホッグは世界トップクラスのFBと言われ、鋭いステップが武器です。

 その走力で相手ディフェンスを破ります。
 
  2016年、17年の2年連続で欧州6カ国対抗最優秀選手に輝いています。 

日本躍進のカギはスコットランド戦!?

 予選プールで上位2位が決勝トーナメントに進むことになります。
 
 近年の実力を考えると、アイルランドの実力が抜けていて、2位をスコットランドや日本が争うとみるラグビーファンが多いようです。
 
 そう考えると、日本としては、ロシア、サモアに勝利して、さらにスコットランド戦で勝てるかがポイントとなります。

 もちろん、スコットランドとしても負けるわけにはいきません。前回敗北した日本がどのように戦いに挑むのか、楽しみです。

プールAでのスコットランド代表の試合日程は次の通りです。

9月22日16:45  アイルランド戦 横浜国際総合競技場
9月30日19:15 サモア戦 神戸市御崎公園球戯場
10月9日16:15 ロシア選 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
10月13日19:45 日本戦 横浜国際総合競技場
 
 13日 日本VSスコットランドのテレビ放送やパブリックビューイングについては以下にまとめています。
 
 アイルランド代表、ロシア代表についての記事も書いていますので、ご覧ください。

コメント