ラグビーロシア代表の強さは?特徴やランキングを調査!【10月1日更新】

ロシアの形の図楽しみ

 2019年9月20日、ラグビーワールドカップが日本で開幕しました。
 
 その開幕戦は、日本VSロシアでした。

 結果は、30-10で日本代表の勝利

 ロシア代表は、2戦目のサモア戦も9-34で敗れています。

 そもそも、ロシア代表って、強いのでしょうか?

 私自身、前回ワールドカップの頃からラグビーを見るようになったラグビー初心者ですので、ロシア代表の強さや特徴はわかりません。
 
 そこで、ロシアチームの特徴などを調べてみました。

【関連記事】ラグビーワールドカップ開幕戦の開催日・時間・放送局についてはこちら!

スポンサーリンク

世界ランキングはロシア20位、日本8位

 ロシアの形の図

 まず、ラグビーの国際統括団体「ワールドラグビー」が発表している世界ランキイグ(19年10月1日現在)でみると、ロシアは20位。日本は8位です。近年は、日本の方が上位の状況が続いているようです。
 
 ちなみに、日本と同じプールAのアイルランドは4位、スコットランドは9位、サモアは15位です。プールAのなかでは、ロシアは格下と言えます。

 ヨーロッパは強豪国が多いので、ワールドカップ出場も簡単ではなく、ロシアが出場権を得るまでに紆余曲折がありました。

 ワールドカップ予選を兼ねた、2018年のラグビーヨーロッパチャンピオンシップで、ロシアは4位。4位では出場権は獲得できません。

 しかし、上位のルーマニアとスペインが出場資格のない選手をプレーさせたことで失格となりました。
 
 その結果、2011年以来、2度目のワールドカップ出場を決めました。

 これまでのワールドカップ(予選)での結果は次の通りです。

1987年 – 不参加
1991年 – 予選敗退
1995年 – 予選敗退
1999年 – 予選敗退
2003年 – 予選敗退
2007年 – 予選敗退
2011年 – プール戦敗退
2015年 – 予選敗退

 ロシアと日本の対戦成績は?

 これまでの対戦成績はどうなのでしょうか?
 
 調べてみると、ワールドカップ前までの対戦成績は、日本の5勝1敗と大きく勝ち越しています。
 
 直近では、昨年の英国遠征中に、日本代表とロシア代表がテストマッチで対戦しました。結果は32-27で日本が逆転勝ちしました。

 試合内容は、日本が前半に1トライと5PGをゆるして、10-22で折り返し。後半にWTB福岡堅樹やナンバー8ツイヘンドリックのトライなどで日本が加点。

その後、再びリードされましたが、フランカーのリーチマイケル主将のトライで日本が勝ち越しました。 

ラグビーロシア代表の特徴はフィジカルの強さ

 モスクワの風景

 ロシアのラグビーの特徴は、大型のフォワードが前に出る、ヨーロッパ型のラグビー。

 体格が大きい選手も多いので、フィジカルの強さを活かした戦い方ですね。

ヘッドコーチは元ウェールズ代表のリン・ジョーンズ氏

 ヘッドコーチは、元ウェールズ代表のリン・ジョーンズ氏です。2018年8月に就任しています。

 ジョーンズヘッドコーチは、2011年にはロンドン・ウェルシュの指揮官となって1年目で、イングランド最高峰リーグであるプレミアシップに初昇格させるという実績を残しました。

 その後、ニューポート・グウェント・ドラゴンズでも指導。

 南アフリカの国内大会に参戦するナミビアのチームでもヘッドコーチを務めた経験があります。

イングランド最高峰リーグで活躍の選手も

 選手では、ロシアではレジェンドと言われる司令塔ユーリ・クショナリョフ選手をはじめ、イングランドのセール・チャークス所属のLOアンドレイ・オストリコフ選手とPRワレリー・モロゾフ選手、7人制ロシア代表のCTBウラジーミル・オストロウシコ選手などが有名です。

10月3日にアイルランド、9日にスコットランドと対戦 

 ワールドカップでのロシア代表の日程は、10月3日にアイルランド戦、9日にスコットランド戦となっています。
 
 ただ、2連敗ですし、実力を考えても、決勝トーナメント進出は厳しいと思われます。

 ただ、アイルランドとスコットランドの結果は日本の決勝トーナメント進出に影響があります。

 トライの数によるボーナスポイントなどもありますので、ロシア代表の戦いにも注目です。
【関連記事】日本と対戦するスコットランドの強さは?
【関連記事】ラグビーサモア代表の強さは?

コメント