会社辞めて、楽天ポイントせどりをやってみた【初月から利益出た】

せどり

副業ブームとともに、よく聞くようになった「せどり」。

 

私の場合はサラリーマンを辞めたあと、せどりを始めました。

 

「せどり」とは言い換えれば、物販事業です。

 

ほかのビジネスや投資に比べると、比較的短時間で利益を出すことができますし、時間的にも柔軟に対応できます。

 

私も実際に取り組んでみて、初月から利益を出すことができました

 

「サラリーマン時代からやっていればよかった」というのが正直な気持ちです。

 

私の経験をもとに、副業としてせどりがおすすめな理由や方法を解説します。

スポンサーリンク

「せどり」とはどのようなビジネスか?

 

まず、「せどり」とはどのなものなのでしょうか?

 

もともとは価値のある古本を買って、買値よりも高く売る行為を指した言葉のようです。

 

最近は、本に限らず、「安く買って、高く売る」という行為に使われています。

 

転売という言い方もあります。転売は「限定商品などを買い占めて、高く売る」という意味合いが強くな場合もあるようです。

 

ただ、同じ物販事業ですので明確な違いはなく、混同されて使われます。

 

どちらにしても、基本的には、「安く買って、高く売る」という商売の基本です。

 

大手スーパーだって、仕入れてきた商品を、仕入れ値より高く売るわけです。

 

物販事業という意味では同じ仕組みと言えます。

せどりに取り組みやすい環境になった

 

昔から「せどり」はあったのですが、最近はインターネットの普及で仕入れ、販売をできる環境が整いました。

 

例えば、昔は「目利き」や「特殊な仕入れルート」が必須でしたが、インターネットを使うことで販売価格を即時に調べることができたり、個人での大量仕入れなどもできるようになりました。

 

販路もインターネットで広がったことで、個人での売買も容易になりました。

 

メルカリなどのフリマサイトを利用すれば、自分の店を簡単につくることができるわけです。

 

もちろん努力が必要ですし、リスクもありますが、個人規模のビジネスにとっては大きなチャンスと言えます。 

楽天ポイントせどりで月10万円以上の利益

積まれた荷物

「せどり」と一言で言っても、扱う商品が新品か中古品かで違いがあります。

 

また、販売する場所もアマゾン、楽天、メルカリ、ペイペイフリマなどがあります。

 

私の場合、新品を楽天市場で買って、主にメルカリで販売しています。

 

楽天市場はポイントが付与されるサービスがありますので、それを利用することで利益を積み上げます。

楽天ポイントせどり」と言われる手法です。

 

ご存じの方も多いと思いますが、楽天市場は、いろいろな楽天のサービスを利用することで、ポイントが付く倍率が上がっていきます。それがSPU(スーパーポイントアッププログラム)です。

 

SPUの倍率をできるだけ上げて、さらに「お買い物マラソン」のようなイベントの時に仕入れることで、多くのポイントを稼ぐことができます。

 

稼いだポイントは、楽天ポイントが利用できる店舗で使ってもいいですし、貯まったポイントを利用して仕入れをすれば現金化できます。

 

そのように楽天ポイントを含めて利益と捉えることで、利益商品が見つけやすくなります

初月から5万円の利益も可能

ノートとペン

楽天ポイントせどりを始めて5カ月ほどですが、最近は月に10万円以上の利益を確保できています。

 

振り返ってみると、初月から5万円ほどの利益は出ました。

 

もちろん、リサーチなどに多くの時間をかけた結果ですが・・・。

 

自分でも「予想より順調に利益が出せた」と感じています。

 

しかし、楽天ポイントせどりを始める前までは、楽天市場は使ったことはありましたが、メルカリは一切使ったことがありませんでした。

 

そのため、商品のリサーチとともに、メルカリの使い方から勉強するというスタートでした。

 

メルカリのアカウントをつくって、まずは家にある不用品を売ってみて・・・。

 

どのようにコメントのやり取りをするのか? 発送はどうするのか? 梱包はどうするのか?

 

そんなことを一つひとつクリアしながら取り組みました。

 

それでも初月で5万円ほどの利益を出せました。

せどりのメリットとデメリット

体験してみての感想は、「せどりは副業に適している」です。


その理由は次の点です。

・成果を出しやすい
・リスクが少ない
・ビジネスの勉強になる
・時間の融通がきく
・自己消費分もお得に買える可能性がある(楽天ポイントせどりの場合)


一方デメリットもあります。

私が気づいたのは以下の点です。

・初めは手間と時間がかかる
・規模を拡大している間はキャッシュフローが少ない
・大きな利益を上げるためには資産規模が必要
・リサーチは続けなければいけない(時間を取られる)

 

デメリットもありますが、基本的に成果を出しやすくて、時間的な融通もきくので副業でやりやすいと思います。

 

「小規模でもいいので、サラリーマンの頃からやっていればよかった」と悔やんでいます。

 

月に3~4万円ほどの利益を出すことは、そんなに難しいことではないと思います。

 

「月3~4万円」って、サラリーマンの平均的なお小遣いです。 

 

お小遣いが2倍になったら、美味しい食事ができるかもしれないし、貯蓄も増やせます。

 

それに、自分で稼ぐ経験という意味でも貴重です。

 

メリット・デメリットについては、改めて解説記事を書きたいと思います。

コメント