【楽天ポイントせどり】アマゾンに負けない!メルカリで稼げる理由

荷物せどり

荷物

楽天ポイントせどりをやってみて、気付いたことがあります。

 

メルカリって稼げる」、ということです。

 

せどりの販路と言えば、アマゾン。

 

アマゾンは販売力がありますし、フリマサイトよりも高く売れることが多いです。

 

それに、発送などの業務を委託できるので、大量販売する人や時間がない人(副業で取り組んでいる人)にとっては便利です。

 

ただ、出品のルールなどが複雑で、初心者としてはハードルが高いです。



そんなこともあって、私はメルカリを販路としてせどりを始めました。

 

「メルカリに慣れたらアマゾンに挑戦しよう」と思っていました。



ただ、せどりを始めてみると、メルカリだけで月10万円以上の利益を継続できています。

 

予想以上にメルカリで利益を出せている状況です。

 

むしろ、メルカリだから稼げている部分もあります。

 

扱う商品によっても違いますが、メルカリで稼げる理由は次の3点です。

・メルカリ内で売買のサイクルが確立している
・物販業者との競合がない
・売り方・見せ方の工夫ができる

以下にそれぞれのポイントを解説します。

スポンサーリンク

メルカリ内で売買のサイクルが確立している


メルカリは「売ること」と「買うこと」の両方で使っている人が多いです。

 

「不用品などを売る」→「その残高で購入」という流れだと思います。

 

特にコロナの巣ごもりに伴って、不用品をメルカリで売った人も増えたでしょう。

 

そのような人たちは、メルカリ内で欲しい商品を見つけようとするようです。

 

メルカリの仕組み上、売上はメルペイの残高となります。

 

現金ではないのです。

 

銀行口座に出金するためには手数料も必要です。

 

そこで、メルカリ内で残高を使おうという人が多いのだと思います。

 

不用品などの販売をする人が増えれば、メルカリ内で購入する人も増える。

 

そういうサイクルが成り立っています。

 

当たり前かもしれませんが、アマゾンや楽天市場であれば購入するだけの人がほとんどです。

 

購買行動に至る経緯が違うのです。



メルカリで不用品を売って稼いだ人は「メルカリ内で欲しいものを探す」という行動をとりやすいのだと思います。

 

つまり、「メルカリ内で探す」という前提があるので、同じ商品をアマゾンや楽天市場で検索しないのです。

 

結果として、アマゾンや楽天市場よりもメルカリの方が高く売れることになります。

 

もちろん、必ず高く売れるわけではありません。

 

同じ商品が楽天市場で安く販売されていれば、売れ行きが悪くなることもあります。

 

しかし、高く売れることも多々あります。

 

ポイントは、メルカリ内での価格優位性を保つことです。

 

楽天市場よりも高くても、メルカリ内で安ければ、それは「安い」ということになります。

 

これが、メルカリで稼げる理由の1つです。

物販業者との競合がない

アマゾンの人形

メルカリはフリマサイトですので、業者の出品はNGです。

 

よくみると、業者が出品しているのもあるのですが、数は多くありません。

 

つまり、ライバルのほとんどは個人です。

 

個人であれば資金が少ない人も多いですし、時間に限りがある人がほとんどです。

 

私の場合、アパート経営はしていますが、会社を辞めて参入したので時間はありました。

 

写真を撮るのに時間をかけたり、文章も丁寧に書くように心がけました。

 

資金的にも余裕があるので、売り急いで損切りする必要はありません。

 

売れることを確認しながら、2~3カ月で商品数を増やしていきました。

 

業者であれば、商品の見せ方(写真の撮り方)、値付けなどで対抗するのは難しいかもしれません。

 

しかし、メルカリのライバルは圧倒的に個人が多いので、自分の努力次第で勝負できることが多いです。

売り方・見せ方の工夫ができる

 

「物販業者との競合がない」とも繋がる話ですが、メルカリには、いい加減な出品ページも多いです。

 

写真を1枚しか掲載していない商品、商品説明がほとんどない商品、明らかに割高な値付けの商品などが多数あります。

 

業者であれば利益を出すために工夫をします。

 

しかし、メルカリに出品する個人は、最小の労力で、手っ取り早く売りたい人がほとんどです。

 

売り方や商品の見せ方を工夫するだけでも、ライバルに差をつけることができます。

 

写真の撮り方を工夫したり、必要な情報を分かりやすく記載するだけでも信頼度が上がります。

 

個人間の売買だからこそ「変な人からは買いたくない」のだと思います。

 

商品ページそのものが、自分の信頼につながります。

 

では、どうやって見せ方を工夫するのか?

 

商品によって違うので一概には言えませんが、一番分かりやすいのは、よく売れている人をマネすることです。

 

写真の撮る角度、写真の明るさ、商品説明のポイント、価格設定、価格変更のタイミングなどをマネするだけでも反応が変わると思います。

 

上記のようなポイントを小売業者と勝負しても勝つことは難しいです。

 

少し努力するだけで、ライバル(個人)と差別化ができるのもメルカリで稼げる理由の1つだと思います。

月数万円であればメルカリでも十分稼げる

トラック

いろいろ書いてきましたが、「アマゾンよりメルカリの方が稼げる」と言いたいわけではありません。

 

扱う商品や取扱数によっては、メルカリの方が稼ぎやすい場合がある、ということです。

 

メルカリ利用者に需要がある商品で、売り方・見せ方を工夫することができれば、稼ぎやすくなると思います。

 

アマゾンFBAに比べると面倒な部分もありますが、月数万円であればアマゾンを使わなくても十分に稼げます。

 

せどりをしようと思っている人で、アマゾンの出品に尻込みしているのであれば、メルカリから挑戦してみてはいかがでしょうか。


ただ、単価が安いと発送などが大変なので、1個あたり利益には注意する必要があります。

【関連記事】楽天ポイントせどりのデメリット4つ【経験して分かったこと】

【関連記事】楽天ポイントせどりのメリット5つ【経験して分かったこと】

コメント