スポンサーリンク
お酒

ウイスキー(ハイボール)のカロリー、糖質、プリン体はどのくらい?

おじさんになって気になるのは、やっぱり健康です。 タプタプになったお腹を見るたびに、「ダイエットしなきゃ」って思います。 周りにも痛風や糖尿病になってしまう人が増え、私も生活習慣病が心配です。 ということで、気になるのがお酒のカロリーや...
ハイボール

おいしいハイボールの作り方を紹介!簡単、低予算でBarの味!?

ハイボールの人気が高まり、自宅でもハイボールを飲みたいという人が増えているようです。缶ハイボールも幾種類か発売されていますが、やはり、自分の好きな銘柄や好みの濃さで楽しみたいですよね。 ただ、自分でハイボールをつくってみても、「Barで飲んだハイボールに比べるとイマイチだな」と感じる人も多いのではないでしょうか。しっかりポイントを押さえれば、簡単に美味しいハイボールをつくることができます。作り方のポイントを解説しますので、ぜひ自宅でハイボールを楽しんでください。
生活

汗臭さを予防する方法は?【サラリーマンのデオドラント対策】

おじさん(私)は、夏になると心配事が増えます。「汗臭くないかな?」という心配です。 満員電車や居酒屋などの人と密着しやすい場所でも心配ですが、オフィスでデスクワークしていても女性社員とすれ違うときに「外回りで汗をかいたけど、臭くないかな?」と気になってしまいます。 汗臭さや加齢臭が気になり、中年になって香水やヘアトニックを使うおじさんがいますが、そんなことをしたら逆効果ではないでしょうか。体臭を違う臭いで抑えるのではなくて、体臭を少なくする対策が必要なはずです。体臭の心配をなくすための、基本的なデオドラント対策を紹介します。
ハイボール

ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!

最近、ハイボールの人気が高まっていますね。自宅でも美味しく飲みたい人も多いのではないでしょうか。 ハイボールとは、ウイスキーをソーダで割ったカクテルのことで、安くて、カロリーも比較的少ないので、私も自宅でよく飲んでいます。バーでは白州や山崎などのシングルモルトで作ったハイボールもありますが、安価なウイスキーでつくれば1杯100円程度でいろいろな銘柄を楽しむことができます。お小遣いが限られたサラリーマンにとっては晩酌の味方です。それに、ウイスキーは糖質ゼロで、プリン体もほとんどありません。 このブログでは、ハイボールに合う銘柄のウイスキー、それも、1本1000円台で手に入るウイスキーを紹介したいと思います。具体的には、ジャパニーズウイスキー、スコッチウイスキー、バーボンの順番で7銘柄です。
スポンサーリンク