「男梅サワー 追いレモン 冬の旨み」飲んでみた 【レモンと梅の濃い味】

レモンサワー

サッポロの「男梅サワー 追いレモン 冬の旨み」を飲んでみました。

人気シリーズの冬限定商品です。

「男梅サワー 追いレモン 冬の旨み」は次のような人におすすめです。

  • 梅やシソの風味があるお酒を楽しみたい人
  • 不思議な味わいのサワーを楽しみたい人
  • ビールよりも強いアルコール度数で楽しみたい人

製品の特長などをまとめましたので、お酒選びの参考になれば幸いです。

レモンとシソ風味が不思議な味わい

「男梅」シリーズに共通したことですが、見た目は赤いです。

梅干の色が主張しています。

グラスの口に持ってくると、シソの風味が鼻を突きます。

飲んでみると、シソの風味のなかにレモンの酸味があって、面白い味わいです。

ほかにはない、不思議な風味で、意外と濃いです。

甘さもありますが、シソとレモンの強さが印象的。

後味に、苦みが残ります。

レモンの苦みでしょうか?スピリッツの苦みでしょうか?よくわかりません。

レモンと梅干しの浸漬酒を1.2倍使用

男梅サワー 追いレモン 冬の旨み

原材料は、梅果汁、レモン果汁、スピリッツ(国内製造)、レモン浸漬酒、梅干浸漬酒、糖類/酸味料、炭酸、香料、果実色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)。

梅果汁、レモン果汁に加え、浸漬酒が使われています。

サッポロのHPによると、この浸漬酒に特徴があるようです。

梅干しとレモンそれぞれを丸ごと液中(水やアルコール)で粉砕して、アルコールに浸漬。丸ごと使うことで、素材の持つ旨味、香味を余すところなく抽出しています。

この浸漬酒を「男梅サワー 追いレモン 夏の爽」に比べると、1.2倍多く使っています。

確かに、梅やレモンの風味が強く、しっかりした味わいです。

100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分        7%
  • エネルギー           58kcal
  • タンパク質           0g
  • 脂質                    0g
  • 炭水化物              4.7g(糖質4.7g、食物繊維0~0.1g)
  • 食塩相当量           0.15g

果汁は2%です。

カロリー高めで、糖質も多いですね。

中年オジサン(私)は、カロリーと糖質が気になってしまいます。

「普通の味」に飽きた時にピッタリ

シソ風味とレモンの酸味がマッチして、不思議な味わいでした。

普通の梅サワーやレモンサワーに飽きた時には、このような変化球も面白いと感じました。

味は濃い目で、カロリーも高めなので、毎日は飲めませんが、週末にはゆっくり楽しめそうな味わいです。

価格は、350ml1本で160円程度。(アマゾン価格)

冬限定なので、お早めにお試しください。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

スタンダードな味わいはこちら

レモンサワーのおすすめはこちら

コメント