「檸檬堂  鬼レモン」を飲んでみた【果実感が濃くておいしい】

檸檬堂鬼レモンレモンサワー


日本コカ・コーラの「檸檬堂  鬼レモン」を飲んでみました。

 

人気の檸檬堂シリーズで、「鬼レモン」はアルコール度数9%です。

 

レモンの味もしっかり感じられて、おいしかったです。

 

「檸檬堂  鬼レモン」は次のような人におすすめです。

・レモンが濃く、甘めのレモンサワーを楽しみたい人
・ストロング系で飲みやすいお酒を楽しみたい人


製品の特徴などをまとめましたので、レモンサワー選びの参考にしていただければ嬉しいです。


檸檬堂鬼レモン

スポンサーリンク

アルコール度数9%なのに「濃くて飲みやすい」


一口飲んでみて、濃くておいしいと思いました。

 

レモン果汁が17%入っています。

 

レモン1.5個分という量です。

 

酸味もほどよく効いています。

 

酸っぱいだけではなく、甘味もあるので、辛口という印象はないです。

白濁した見た目、後味にはレモンの苦み


檸檬堂シリーズの特徴は、丸ごと擦り下ろしたレモンをお酒に漬け込む「前割り製法」を使っているとのこと。

 

この製法のためか、後味にはしっかりと苦みもあります。

 

見た目は、白濁しておいしそう。

 

レモンの苦みや旨味も感じられ、複雑な味わいです。

 

甘さとしては、果糖ぶどう糖が入っています。

 

人工甘味料ではないので、飲みやすいのかもしれません。

檸檬堂鬼レモンアップ

カロリーは80kca/100mlで、比較的高め


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分  9%
エネルギー   80kcal
タンパク質   0g
脂質        0g
炭水化物        7.1g
食塩相当量       0.1g


アルコール分は9%。

 

炭水化物は7.1gですが、このなかに糖質も含まれます。

 

果糖ぶどう糖が入っているためか、カロリーは80kcal/100ml

 

アルコール度数が高いとカロリーも多めになります。

 

ただ、アルコール度数9%のほかのレモンサワーと比べてもカロリーは高めです。

 

おいしいけど、カロリーが気になってしまう・・・

まったり楽しみたい「濃く、甘いレモンサワー」


全体としては、レモン感が感じられ、甘味も適度にあって飲みやすいです。

 

ただ、濃いめの飲み口なので、食事と合わせるのは難しそう。

 

アルコール感はあまり感じないので、グイグイ飲めます。

 

価格は350ml1本で150円ほど

 

500m缶もあります。価格は210円ほど。

 

個人的には、アルコール5%の「檸檬堂定番レモン」の方が酸味、苦み、甘さのバランスがいいと感じました。

 

アルコールも強いので、「濃いものをガツンと飲みたい」という人は「鬼レモン」の方がいいかもしれません。

 

それと、おじさんはやっぱりカロリーが気になってしまいます

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

コメント