「檸檬堂  カミソリレモン」を飲んでみた【檸檬堂なのに辛口】

檸檬堂カミソリレモンレモンサワー


日本コカ・コーラの「檸檬堂  カミソリレモン」を飲んでみました。

 

人気の檸檬堂シリーズで、アルコール度数です。

 

甘くない、切れ味のいいレモンサワーでした。

 

「檸檬堂  カミソリレモン」は次のような人におすすめです。

・甘くないレモンサワーを楽しみたい人
・辛口でキレがいいレモンサワーを楽しみたい人
・ストロング系のお酒を楽しみたい人


製品の特徴などをまとめましたので、レモンサワー選びの参考にしていただければ嬉しいです。

檸檬堂カミソリレモン

 

檸檬堂っぽくない、辛口のレモンサワー


一口飲んでみて、驚きました。

 

これまで飲んだ「檸檬堂」シリーズとは大きく違いました。

 

まず、甘くないです。

 

檸檬堂のシリーズは、甘味特徴でしたが、この「カミソリレモン」は全然甘くありません

 

果汁は9%。ほどよく酸味が効いています。

 

酸味があって、甘くない。

 

なかなかキレのいい味わいです。

檸檬堂カミソリレモンアップ

 

9%のアルコール感が気になる


原材料はレモン、スピリッツ、食塩/炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)

 

成分表示を見ると、糖類が入っていません

 

人工甘味料も入っていません。

 

ほかの「檸檬堂」シリーズは、果糖ぶどう糖が入っていますので、大きく味わいが違います。

 

また、檸檬堂シリーズの特徴は、丸ごと擦り下ろしたレモンをお酒に漬け込む「前割り製法」を使っているとのこと。

 

この製法のためか、後味に苦みも感じられます。

 

ただ、糖類が入っていないためか、アルコール感があります

 

アルコール度数9%で、甘さ控えめだと仕方ないのかもしれません。

 

お酒が強くない私にとっては、少し強めに感じます

 

カロリーは55kca/100ml


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分   9%
エネルギー    55kcal
タンパク質    0g
脂質         0g
炭水化物         0.8g(糖類0g)
食塩相当量        0.07g


カロリーは55kcal/100ml。

 

同じアルコール度数の「檸檬堂鬼レモン」は80kcalです。

 

「カミソリレモン」は糖類が入っていないため、かなりカロリーが抑えられています

 

カロリーが気になる人にはおすすめですね。

 

甘くない、辛口のレモンサワー


「檸檬堂」のイメージとは違う、甘くないレモンサワーでした。

 

ストロング系で、甘くないレモンサワーが好きな人にはピッタリです。

 

ただ、私の場合、そんなにお酒が強くないので、アルコール感が気になってしまいました。

 

同じ度数の「檸檬堂  鬼レモン」は甘くて、飲みやすかったので、対照的だと感じました。

 

ただ、スッキリしているので、「カミソリレモンの方が飲みやすい」と感じる人もいると思います。

 

それに、低カロリーなのもいいですね。

 

価格は350ml1本で150円ほど(ディスカウントストア価格)

 

もう少し安いと嬉しいです・・・

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

 

 

【参考記事】「檸檬堂  鬼レモン」を飲んでみた【果実感が濃くておいしい】

【参考記事】アルコール度数9%のおすすめレモンサワー【特徴別に厳選】

 

コメント