車の維持費を見直して固定費を削減【サラリーマンの節約】

ミニカー節約

 よく言われることですが、固定費の見直しは大事です。

 一度見直すと、継続的に支出を削減できます。

 固定費には保険や住宅費などありますが、今回は車の維持費用の見直しについてまとめました。

スポンサーリンク

年間の維持費は40万円以上!手放すことを考えてみる

 ミニカー

 車を取得して、維持するためには多くのお金が必要です。

 車体費用を除いた、維持費だけでも月に数万円の負担となります。

 車を持っている人であれば、まずは手放すことができないか検討しましょう。

 通勤や毎日の買い物などに車が必要ないのであれば、「週に1回か2回しか使わない」という人も多いのではないでしょうか。

 バス・電車での代替が可能か?タクシーの利用で済むのではないか?と、具体的に考えてみてください。

 車の維持に必要な経費は、本体代以外に、保険代、駐車場代、ガソリン代、消耗品費、税金などがかかります。
 
 例えば、コンパクトカーでも、ガソリン代、任意保険、税金、車検代など年間40万円程度は必要です。 
 月に数回、タクシーを利用した方が安くないでしょうか?

カーシェアリングなどのサービスも拡大

 また、レンタカーやカーシェアリングなどの利用もできます。

 カーシェアリングでは、タイムズカープラス、オリックスカーシェア、カレコなどが都市部を中心にサービスを拡充していますので、利用しやすい環境が整いつつあります。

 自宅の近くで利用できるカーシェアサービスがないか確認してみましょう。

新車は必要? 交通手段としては中古車で十分

  車を手放すことができるのであればいいのですが、どうしても必要な人も多いと思います。

 私も地方に住んでいますので、毎日車に乗っています。使用頻度が高いので、手放すことは現実的ではありません。

 では、車を所有するとして、どうやって支出を抑えることができるでしょうか?

 まず、車体です。新車は必要か考えてみましょう

 新車を買うとなると、高額になりますので、ローンを使うことも多いと思います。そうなると、ローンの利子も支払わなければいけません。

 基本的に、ローンを組むような車を買わないこと。つまり、値ごろ感のある中古車を探してみることをおすすめします。

 「車は10万キロが限界」のような話は数十年前の話です。

 メンテナンスをしっかりすれば、10万キロを超えても十分に走ります

 私としては、そんなに古くない、過走行の中古車がお得だと思います。

 交通手段として考えれば、中古車で十分です。

 すでに所有している人は、簡単に車を入れ替えることはできないかもしれませんが、買い替えのタイミングで中古車を検討してみてください。

保険代の見直しで固定費削減

 車のおもちゃと電卓

 車の任意保険も見直しましょう。

 お付き合いで加入して、そのままの人は固定費削減のチャンスです。

 通販型の保険に切り替えることで、安くなる可能性が高いと思います。

 具体的には、アクサダイレクト、チューリッヒ、おとなの自動車保険、SBI損害保険などです。
 全労済のマイカー共済もいいと思います。

 人によって年齢などの条件が違いますので、いくつかの会社に見積もりをしてみることをおすすめします。

 「通販の保険の場合、事故対応は大丈夫か?」と思う人もいると思います。

 上に紹介したような会社は、大手ですので事故対応も24時間受け付けです

 私も、接触事故で対応してもらったことがありますが、丁寧に対処してもらえました。

 
 契約の内容としては、余計な特約をなくして、最適なプランに見直しましょう。

 必要がないのは、車両保険です。

 買い替えができるような価格の中古車を買えば、車両保険は必要ないはずです。

 見直しのポイントとしては、年齢制限や運転者の範囲などが適切か確認しましょう。

車検費用を抑える方法は?

 車の整備のイメージ

 新車を買った人は、ディーラーで車検をしている人も多いと思います。

 ディーラーは、丁寧な車検・検査をしてくれますが、どうしても販管費がかかりますので、車検・整備費用が高くなる傾向があります。

 車検専門の大手チェーンや整備工場でも見積もりをとると、おそらく2~3万円安くなると思います。

 ほとんど同じ内容でもディーラーよりも安いこともあります。

 複数見積もりをとって、車検内容を確認して、納得できるところにお願いしましょう。

タイヤなどはカー用品店が安いことも

 タイヤやオイルは、一定の走行距離や期間で必ず交換しなければいけませんので、消耗品と言えます。

 車検の時にディーラーや整備工場などでタイヤやオイルを交換するより、カー用品店の方が安いこともあります。

 自分で定期的に交換する習慣をつければ、車両の安全性維持にもつながります。
 
 それに、街乗りが中心の私としては、安い輸入タイヤで十分です。
 4本同時に替えると、大手メーカーと比べると1万円以上の差になります。
 ぜひ韓国製などの輸入タイヤもチェックしてください。

エニカで車を貸し出して稼ぐことも

 カーシェアリングは使うだけでなく、オーナーであれば車を貸し出すこともできます。

 カーシェアリングアプリ「Anyca(エニカ)」を使って、自分が使わない日に貸し出せば、使用料金をもらえます。月々1万円以上を稼いている人もいます。

 エリアなどによりますが、使用頻度が少なくて、都心にお住いの人は検討してみてはいかがでしょうか。

 車の維持費を安くする方法を紹介しましたが、まとめると以下のようになります。

・車を手放すことを考える。
・中古車を購入する。
・保険を見直す。
・車検専門チェーン店などを使い、車検費用を抑える。
・タイヤ交換などはカー用品店が安い場合も。
・エニカで車を貸し出す。

 ぜひ固定費の削減に挑戦してみてください。

 固定費の削減として、保険とスマホ代については関連記事があります。
【関連記事】住宅関連費の削減で生活防衛
【関連記事】固定費の見直しで月に1万円の支出削減

コメント