「黒ッキリボール」レビュー 【コクのある爽やかさがおいしい】

黒霧島ハイボール

「黒ッキリボール」を飲んでみました。

 

焼酎「黒霧島」を使ったハイボールです。CMで見て、気になってました。

 

ハイボールと書きましたが、焼酎を炭酸で割ったお酒です。

 

爽やかに焼酎をの楽しめる、夏場にピッタリの飲み方でした。

 

「黒ッキリボール」は次のような人におススメです。

・爽やかに焼酎の味わいを楽しみたい人
・糖質やプリン体が気になる人


特徴や感想をまとめましたので、お酒選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

黒霧島

黒ッキリボールの作り方【氷と炭酸を準備】


まず、黒ッキリボールの作り方です。


公式サイトには以下の手順が書いてあります。

1. 氷をグラスに山盛りに
2. 焼酎:炭酸水=1:2
3. 混ぜるのはそ~っと1回


炭酸水で割るだけなので、簡単です。

 

黒霧島には、アルコール度数が25度と20度がありますが、25度の場合の割合です。

 

この作り方に従うと、25度を2倍の量の炭酸水で割って、氷が溶けるので、「黒ッキリボール」はアルコール度数6~7%くらいになると思います。

 

私の場合、ハイボール用のタンブラーに氷を入れてつくりました。

 

炭酸水は185mlの缶。焼酎は90ml入れました。

 

氷は山盛りではなかったので、少し濃い目になりました。


炭酸は飲みきりの180mlサイズがおすすめです。

 

 

意外としっかりした、焼酎のコクや香り


グラスに鼻を近づけると、芋の香りがします。

 

炭酸で弾けているためか、水割りで飲むより香りが強いように感じます。

 

飲むと、黒霧島のコクが感じられ、香りが鼻を抜けます。

 

思った以上に焼酎っぽさが口に残ります。

 

芋の甘さはありますが、後味はサッパリです。

 

サラリとした味わいを予想しましたが、意外と焼酎のコクを楽しめます

カロリー控えめで、プリン体ゼロ


参考までに、25度の黒霧島100mlあたりの成分は以下の通りです。

エネルギー   139kcal
タンパク質   0g
脂質        0g
炭水化物        0g
食塩相当量       0g


プリン体もゼロです。

 

私が作った黒ッキリボールは焼酎90mlを使ったので、約125kcalです。

 

焼酎と炭酸水だけなので、レモンサワーなどと比べるとカロリー控えめです。

 

焼酎初心者にもおすすめ


炭酸で割ったにも関わらず、焼酎の香りやコクをしっかり感じることができるお酒でした。

 

個人的には、水割りで飲むより炭酸割りの方が好きです。

 

逆に言えば、焼酎が苦手な人には「臭い」かもしれません。

 

ただ、お湯割りよりは飲みやすいと思います。芋焼酎を飲むきっかけとしては、「黒ッキリボール」は飲みやすいと思います。

 

炭酸のおかげで爽快さもあるので、焼酎初心者も楽しめる人は多いと思います。

 

レモンサワーのような柑橘系の爽やかさはありませんが、甘くないので、グビグビ飲めます

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

 

 

【関連記事】「鏡月焼酎ハイ ちょい搾レモン」レビュー 【まろやかで飲みやすい】

【関連記事】ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!

コメント