麴レモンサワーを飲んでみた【飲みやすさ重視の人におすすめ】

麒麟 麴レモンサワーレモンサワー


「麒麟 麴レモンサワー」を飲んでみました。

 

飲みやすい、美味しいレモンサワーでした。

 

「麒麟 麴レモンサワー」は次のような人におすすめです。

・まろやかな甘みのあるお酒を楽しみたい人
・飲みやすいレモンサワーを楽しみたい人
・ビールよりも少し強めのアルコール度数で楽しみたい人

 

簡単に製品の特長などをまとめましたので、お酒選びの参考になればうれしいです。

麒麟 麴レモンサワー

まろやかな甘味が秀逸

 

口コミでも評判のいいレモンサワーです。

 

確かに、飲みやすくて、美味しいです。

 

まろやかな甘味があります。

 

ただ、嫌な甘さではありません。

 

名前の通り、やはり、「」の力なのでしょう。

 

メーカーサイトによると、うまみ成分のある麴がレモンの酸味などを引き立てているとのこと。

 

甘味だけでなく、レモンの風味も十分にあります。



果汁は少な目で、「まろやかさ」重視

 

果汁は0.5%です。

 

同じ麒麟でも、「発酵レモンサワー」は果汁10%。

 

やはり、発酵レモンサワーの方が辛口ですし、レモンの味わいが強いです。

 

麴レモンサワーは、甘口ではないのですが、まろやかです。

 

複雑な味わいで、バランスがとれた味わいだと思います。

 

酸味が抑えられていて、和食などに合いそうです。

アルコールは7%、甘味料の添加が気になる



100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分  7%
エネルギー   43kcal
タンパク質   0g
脂質     0g
炭水化物  0.1~1.2g
食塩相当量 0.08~0.13g


アルコール分は7%。

 

ストロング系の9%と比べると少なく、アルコールっぽさもあまり感じません

 

甘味料であるアセスルファムKが入っています。

 

麴の甘さなのか、甘味料の甘さなのか・・・

 

詳しいことは分かりませんが、甘ったるいことはありません。


「飲みやすさ」重視の人にはいいかも

 

麴のお陰か分かりませんが、全体的に丸みのある旨味・甘味が特徴的です。

 

私は、酸っぱいレモンサワーが好きなので、「発酵レモンサワー」や「丸おろしレモン」の方が好きです。

 

この「麴レモンサワー」は飲みやすいので、ビールが苦手な人などにもおすすめです。

 

価格は、ディスカウントショップで、1本150円程度(350ml)でした。

 

飲みやすいので、飲みすぎには注意しましょう。

【参考記事】【果実感、ストロング系、すっきり】お好み別のレモンサワーおすすめ缶

【参考記事】発酵レモンサワーを飲んでみた【感想: 酸味と旨味が美味しい 】

【参考記事】宝酒造「極上レモンサワー 丸おろしレモン」を飲んでみた

【参考記事】ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!



コメント