固定費の見直しで月に1万円の支出削減【サラリーマンの節約】

メモと計算節約

 なかなか給料が増えないオジサン(私)にとって、支出を減らすことは大切です。

 日々、細かな節約をすることも大切なんですが、効果的なのは固定費の削減。固定的な支出のうち、数千円~数万円を削減できれば、給料が増えたのと同じようなモノです。

 固定費の削減には、サービス残業も夜の付き合いも必要ありません。給料を上げることよりも断然簡単です。

 今回は代表的な2つの固定費削減を紹介します。
 通信費(スマホ代)、保険料です。

 1万円以上の削減になること間違いありません。

スポンサーリンク

 格安スマホで通信費を半分に 

 メモと計算

 オジサン(私)にとっても、生活に欠かせない道具となっているスマホ。

 サラリーマンの仕事や副業で情報収集や連絡に使っています。

 官房長官が「携帯料金は4割程度の値下げ余地がある」と発言するくらいですから、おそらく世界的にみても日本のスマホ代は高いのでしょう。格安スマホに替えるだけで、大幅に料金を減らすことができます。

 「4割程度の値下げを」というプレッシャーもあって、大手3キャリアも値下げプランを発表しています。
 すべてのプランの分析は控えますが、例えばドコモの新プランを見てみると、「データ通信を大量に使う人」と「ほとんどデータ通信をしない人」が安くなるようです。

 新プランになったとしても、オプションや通話料金などを考えると、格安スマホの方が安い人が多いはずです。

 「格安スマホは知ってるけど、どのくらい安くなるのか知らない」という人は、ぜひともシミュレーションをしみてみてください。

 楽天モバイルの「1Mbpsでデータ使い放題」は使える

 スマートフォン

 私の場合、楽天モバイルを使っています。

 10分間の電話かけ放題が付いて、月に3700円ほど(機種代は別途)。

 大手キャリア時代は1万円ほど払っていたので、機種代を入れて考えても、半額以下になりました。

 仕事で短時間の通話をすることも時々あるので、私の場合は、電話かけ放題付きがある楽天モバイルにしました。

 電話かけ放題が必要ない人は、もっと安くすることも可能だと思います。

 「2GBでは足りないよ」という人も多いと思いますが、楽天モバイルの場合、最大1Mbpsでデータ使い放題です。SNSや低画質での動画視聴などは実質無制限の状況です。非常にお得だと思います。

 注意!!混雑時間帯は速度低下

 格安スマホのデメリットの一つは、混雑時間帯のデータ速度の低下です。

 楽天モバイルの場合、12時~13時、18時~19時の間は、かなり速度が低下します。

 ほかの格安スマホも使ったことがありますが、そのときも、お昼休みなどは遅かったですね。

 そのほかには、デメリットは思いつかないのですが、あえて言えば、「故障時などの対応」でしょうか。 

 店舗がない格安スマホも多いので、対応は自分でする必要があります。

 ただ、楽天モバイルの場合、都市部や大手電気店に店舗を展開しています。店舗に行けば最初の契約や故障の対応もしてもらえます。   

 楽天モバイルに限らず、UQモバイルなど実店舗を持った格安スマホが増えています

 不安がある人は、実店舗がある格安スマホに切り替えて、手ごろな価格のアンドロイドのスマホを使えば、通信費が大きく削減になると思います。

格安スマホ(楽天モバイル)でどのくらい安くなるか?という記事は別に書いています。参照ください。
【関連記事】格安スマホってどのくらい安い?実例で解説

保険を最適化して固定費を削減

 リスクヘッジのイメージ

 保険といっても、生命保険、医療保険、損害保険などがありますね。

 基本的な考えとして、保険の役割は不測の事態に備えることです。

 生命保険には、貯蓄型の商品などもありますが、保険商品としても投資商品としては中途半端だと思います。

 基本に立ち戻って、「不測の事態で、生活が立ち行かなくなることを避ける」という役割で選ぶようにしましょう。

 まず、必要なものは、自動車保険や火災保険などの損害保険です。

 事故や火災によって、数千万から億単位でお金が必要になることがあるので、そのリスクをカバーするものです。不要な特約は付けないようにして、基本的な補償をカバーするようにしましょう。

生命保険の保険料は、世帯平均で月に3万円以上

 問題は生命保険や医療保険です。

 平成30年度「生命保険に関する全国実態調査(生命保険文化センター調べ)によると、生命保険(個人年金保険を含む)の世帯年間払込保険料は、平均38.2万円に上ります。月々で考えると、3万円以上ですね。

 生命保険そのものが不必要とは言いませんが、子供なしの家庭や単身世帯で、どのくらいの必要性があるでしょうか?子供がいる場合も、過剰な掛け金になっていないでしょうか?

 「残された人にお金を残したい」という気持ちは理解できますが、それが経済的にに合理的な判断か冷静に判断する必要があります。

 生命保険に入るなら、「掛け捨て」で十分です。子供の人数などに応じて、適切な保険金額を考えましょう。

 年齢で違いますが、通販型の掛け捨てであれば、死亡保険金2000万円で、保険料は月々4000円台です。

 私が言っても説得力がないので、保険会社に務めたことがある投資家さんの意見を紹介したいと思います。

 私は、副業で不動産投資もしているのですが、この業界で有名な吉川英一さんは、10年以上保険会社で働いた経験がある大家さんです。

 以下、吉川さんのブログからの引用です。

 生命保険は自分の生死に対しギャンブルのように賭けているようなものですから、これほど馬鹿げた保険はありません。
 もちろん、小さなお子さんや専業主婦の奥様のために万が一に備えてかけておくことは否定しません。ご主人に何かあった時のためにかけておくのは有だと思います。
 ただし、高額な額はなく、当面家族が生活していける程度の額でいいと思うのです。

 実際に吉川さんは、保険会社時代から、車の保険くらいにしか入っていなかったそうです。

 医療保険の前に「貯蓄」と「人間ドッグ」

 医療保険については、病気になったときに使える貯金があれば必要はないと思います。

 必要な医療費は、月に10万円程度です。

 それは、高額療養費制度があるからです。これは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局でかかった医療費の自己負担額が、ひと月で一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度です。
 そのため、負担額の上限は、多くのサラリーマンで月額7~8万円程度に抑えることができます

 個人的な考えですが、私は、「医療保険より人間ドッグにお金を使うべき」だと思っています。

 人間ドッグで早期発見できれば、ガンのような病気でも、完治の可能性も高いですし、治療費も少なくて済みます。もちろん、早期に復帰して働くこともできます。

 「医療保険の支払いでお金がないので、人間ドッグに行く余裕がない」というのは本末転倒です。病気を予防・早期発見することが、健康面で考えても、経済面で考えても、優先すべきことです。

固定費削減で、豊かな生活を

 スマホと保険の見直しについて書きましたが、夫婦で格安スマホにして、保険を適正化すれば、月に2万円ほど支出を減らすことができる家庭も多いと思います。

 貯蓄が増えれば、その資金で投資を始めることができます。

 投資をしなくても、貯蓄が一定額を超えると、生命保険と医療保険の必要性は少なくなります。さらに保険の掛け金を縮小すれば、より貯蓄ができる家計となります。

 貯蓄や投資に使わなかったとしても、固定費を削減した分で、美味しい食事ややりたいことにお金を使ったほうがいいと思います。

 車の維持費用の削減については、関連記事があります。
【関連記事】車の維持費を見直して固定費を削減
【関連記事】住宅関連費の削減で生活防衛

お金を稼ぐ方法については、副業や投資の記事を書いています。

【関連記事】サラリーマンにおすすめの副業
【関連記事】株式、投信、債券など投資商品の特性まとめ

コメント