「キレートレモンサワー」を飲んでみた【ほんのり甘くて、しっかり酸っぱい】

キレートレモンサワーレモンサワー


サッポロの「キレートレモンサワー」を飲んでみました。

 

アルコールが入っていないリフレッシュ飲料「キレートレモン」のレモンサワー版ですね。

 

レモンサワーになってもレモン果汁が感じられて、おいしかったです。


「キレートレモンサワー」は次のような人におすすめです。

・酸味があって軽いお酒を楽しみたい人
・クエン酸やビタミンCを摂りたい人
・ビールくらいのアルコール度数で楽しみたい人

 

製品の特徴などをまとめましたので、レモンサワー選びの参考にしていただければ嬉しいです。


キレートレモンサワー

レモンたっぷりの果汁20%


レモンの果汁は20

 

コップを口に近づけたところで、炭酸がはじけ、酸っぱさを感じます。

 

飲んでみると、確かに酸味が強めですが、重たくはありません。

 

「檸檬堂鬼レモン」は果汁が17%で、甘味や苦みも強くて、「濃い」という印象でした。

 

それに比べると、「キレートレモンサワー」は酸味は強いものの、全体的に軽い印象です。

 

ほんとうに「キレートレモン」がそのままお酒になったようです。

ビタミンCが豊富でうれしい


原材料は、レモン果汁(イスラエル製造)、レモン果皮エキス、ウォッカ、糖類/炭酸、ビタミンC、香料、酸味料。

 

クエン酸の量は1本(350ml)あたり、3000mg

 

しっかり酸っぱいですが、ほんのり甘いので、飲みやすいです。

 

甘さが口に残ることもありません。

 

それに、ビタミンCも350mg入っています。

 

女性には嬉しいですね。

 

クエン酸やビタミンが入っていると、罪悪感が軽減されます・・・

キレートレモンサワーアップ

 

カロリーは57kca/100ml


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分   5%
エネルギー    57kcal
タンパク質    0g
脂質       0g
炭水化物       7.1g
食塩相当量      0.08g


アルコール分は5%。

 

ウォッカベースですが、「ジュースかな」と思ってしまうほど、飲みやすいです。

 

炭水化物は7.1gですが、このなかに糖質も含まれます。

 

糖質が入っているので、カロリーもそれなりにあります。

レモンの酸味を楽しむレモンサワー


まとめると、果汁の多さ軽い飲み口が特徴で、レモンの酸味を楽しめるレモンサワーです。

 

苦みが少なく、アルコール度数も高くないので、軽く飲みたい人にピッタリですね。

 

酸味があるので、空腹で飲むより、食事中や食後に飲んだ方がいいかも

 

価格は350ml1本で140円ほど。

 

これだけ果汁が多いと、1本100円は難しいのでしょうか・・・

 

疲れた時や汗を書いたときは、酸っぱいものが欲しくなるので、夏場には箱買いしたくなります。

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

【関連記事】レモンサワー16本のカロリーを調べてみた 【最少:贅沢搾り レモン】

【関連記事】「レモン・ザ・リッチ 特製レモン」を飲んでみた【レモンジュースのように飲みやすい】

コメント