「角ハイボール缶」レビュー 【手軽に楽しめる安定の味】

ハイボール

サントリーの「角ハイボール缶」を飲んでみました。

アルコール度数は7%のハイボールです。

「濃いめ」の度数9%もあります。

居酒屋などで人気の角ハイボールを缶で飲める人気商品です。

私は、自分でハイボールをつくるので、缶を飲んだことありませんでした。

「角ハイボール缶」は次のような人におすすめです。

  • 手軽にハイボールを楽しみたい人
  • クセの少ないハイボールを楽しみたい人
  • ビールよりも少し強いアルコール度数で楽しみたい人

感想や商品の特徴をまとめたので、お酒選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

クセの少ないハイボールのおいしさ

飲んでみると、当たり前ですが、角ハイボールです。

私の注ぎ方が悪かったためか、居酒屋で飲む時より炭酸が弱めに感じました。

氷を入れて飲みましたが、濃すぎず、薄すぎず、安定した味が楽しめます。

もともとウイスキーの角は、スコッチなどに比べるとクセが少ないので、ハイボールも飲みやすいです。

甘さがなくスッキリ

原材料は、ウイスキー(国内製造)、レモンスピリッツ、食物繊維/炭酸、酸味料。

レモンスピリッツで味を整えてあるようです。

自分でウイスキーと炭酸水でつくるよりも飲みやすいのかもしれません。

甘はないので、スッキリした味わいです。

角ハイボール缶

カロリーは48kcal/100ml

 100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分  7%
  • エネルギー   48kcal
  • タンパク質   0g
  • 脂質     0g
  • 炭水化物  2.1g(糖類0g)
  • 食塩相当量 0~0.03g

100mlあたりのカロリーは48kcalで、レモンサワーなどと比べると控え目です。

プリン体もゼロです。

カロリー控えめで、プリン体もなくて、おじさん(私)には嬉しいです。

手軽に楽しめるスタンダードなハイボール

安定した角ハイボールの味でした。

私はグラスに氷を入れて飲みましたが、濃さもちょうどよかったです。

濃い目が好きな人は、缶のままで飲んでもいいかもしれません。

味や濃さが安定しているのは缶の良さだと思いました。

ただ、自分でハイボールをつくれば、好きな濃さや量にできます

いつも飲むのだったら、缶ではなくて、自分でつくると思います。

価格は350ml1本で190円ほど(アマゾン価格)。

レモンサワーや焼酎ハイボールに比べると、少し高いですね。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

ハイボールに関する関連記事もあります!

コメント