アパートの玄関鍵を交換してみた【【MIWA HBZSP-1】

3本の鍵不動産

 

入居者募集中のアパートの玄関鍵を自分で交換しました。

 

初めての試みでしたが、意外と簡単にできました。

 

鍵の種類や費用についてまとめたいと思います。

 

3本の鍵

スポンサーリンク

専門業者に頼めば1万円ほどの交換費用

 

鍵の種類によりますが、業者さんにお願いすれば、少なくても1万円ほどの費用がかかります。

 

私のアパートも、管理会社を通して鍵交換をすると1万1000円です。

 

費用は、私が住む地域では入居者が負担することが多いです。

 

国交省のガイドラインでは、大家の負担となっていますが、特約をつけることで入居者の負担にすることもできます。

 

私は、初期費用を安くすることで誘客したかったので、鍵交換費用は大家負担に変更。

 

そのため、自分で鍵を交換しようと思ったのです。

 

交換用のシリンダーを買う事前準備

 

まず、準備です。

 

取り換え用の鍵を買うためには、主に以下の2点を確認する必要があります。

・メーカーと型番
・各サイズ(ドアの厚み、バックセットの長さ、フロントの長さ、ビスピッチ)



メーカーと型番は、ドア側面のプレートに記されていることが多いです。

 

MIWA HBZSP-1」でした。

 

ついでに、サイズも測定しました。

 

大手「MIWA」なので、すぐに見つかるだろうと思いました。

 

新しい鍵は、ホームセンターで3000円ほど

 

鍵交換といっても、ドアノブ全体を交換するようなイメージです。

 

MIWA対応のドアノブはいくつかあります。

 

防犯性によって価格も違います。

 

今回は、費用重視で選びました。

 

U-SHIN SHOWA DAC-2 万能取替玉座 ノブ 交換 というものです。

u-shinshowa

 

価格は3000円ほど。

 

送料がかかってしまいますが、インターネットでも買えます。

 

鍵交換は15分ほどで完了

 

交換作業には不安もあったので、YouTubeで同じ型の交換作業を確認。

 

やってみると、15分ほどで作業は終わりました

 

内側のドアノブを取り外した時点でドアが閉まってしまうというトラブルもありました。

 

ドアが閉まると、ノブを回せないので、開きません。

 

幸い、1階だったので、窓から出て、外から開けました・・・



そんなこともありましたが、15分ほどで完了。

 

予想以上に簡単でした。

 

慣れたら5分で終わる作業だと思います。

 

u-shinshowa2

少しの作業時間で8000円のコストカット

 

専門業者に頼めば、1万1000円。

 

自分でやれば、3000円。

 

時間的には、メーカー・サイズの確認作業をしたり、ホームセンターに脚を運んだり、YouTubeで作業を予習したり、それなりに時間はかかりました。 

 

ただ、慣れれば準備も施工も短縮できると思います。

 

自分で作業をしたことで、8000円ほどのコストダウンになりました。

プロに頼む意味は?

 

今回の作業にあたって、管理会社にも相談しました。

 

「やめてくれ」とは言われませんでしたが、管理業者としては不安はあると思います。

 

専門業者であれば、何か不具合があったときに、スムーズに対応してもらえるので、安心感があります。

 

それに、管理会社の担当者は「鍵交換と合わせて、ドアクローサーなどのチェックもしてもらっている」と言っていました。

 

鍵交換は、専門業者にドアの不具合をチェックしてもらう機会という訳です。

 

入居後のトラブルを減らすためにも、鍵交換の時点での不具合チェックは意味があると思います。

時間がある人は挑戦してもいいかも

 

古いアパートの、価格重視の鍵交換の例を紹介しました。

 

今回は3000円ほどの出費でしたが、鍵によっては、もっと高価だと思います。

 

それに、作業の難易度もちがうのかもしれません。

 

いずれにしても、業者の手間賃として、やはり5000~1万円くらいはかかるのだと思います。

 

時間は少々かかりますが、自分でやればコストカットができます。

 

時間がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

コメント