サントリーJIN「翠」を飲んでみた! 飲み心地やカロリーは?

ジン翠楽しみ

ジン翠

サントリーのJIN「翠」を飲んでみました。

 

CMで見て、気になっていました。

 

まず、なんて読むのだろうって・・・

 

すい」と読むようです。

 

私にとって、ジンはあまり飲みなれないお酒ですので、ジンの特徴なども調べてみました

 

率直な感想や成分をまとめましたので、これからジンや翠を飲む人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ロックでも飲める、華やかな風味

サントリーおススメのソーダ割と、ロックで飲んでみました。

 

まず、率直な感想ですが、「美味しい」です。

 

カクテルベースにも使われるようなお酒なので、癖のないお酒だとも思っていたのですが、意外と個性がありました。

 

グラスに顔を近づけると、華やかな香りが鼻を突きます。

 

柑橘系でさわやかです。

 

柚子や生姜が使われているようです。

 

ソーダ割は、柑橘系の酎ハイやハイボールを飲んでいるような感覚です。

 

香りが華やかなので、ハイボールが苦手な人でも飲みやすいかもしれません。

 

さすがサントリーがおススメする飲み方です。

 

万人受けしやすい飲み方だと思います。



次にロックです。

 

40度ですので、さすがにアルコールのインパクトが強いです。

 

ただ、香を強く感じられるので、40度の割には柔らかい印象です。

 

氷を多めに入れて、少しかき混ぜると、丁度いい飲み心地になりました。

 

氷が溶けるの待ちながら、ゆっくり楽しむといいと思います。

 

私の場合は、ウイスキーのロックなどを飲み慣れているので、アルコール度数40度にも抵抗はありませんでした。

 

高い度数が苦手な人はソーダ割がおススメです。

翠の成分を調べると、糖類、脂質などはゼロ

ジンは蒸留酒ですので、糖質などはありません。


ウイスキーや焼酎と同じですね。

 

翠の基本的な成分をまとめると次のようになります。

アルコール分    40%
カロリー(30ml)  67kca
タンパク質     0g
脂質        0g
炭水化物(糖類)  0g
食塩相当量     0g


価格は700mlで税別1380円(希望小売価格)。

 

近所のディスカウントストアでは、税別1000円程度で売っていました。

 

 

JIN(ジン)ってどんなお酒?

並んだボトル

ジンは大麦やジャガイモを原料につくられる蒸留酒(スピリッツ)です。

 

ジュニパー・ベリーなどの香草・薬草類を加えて香りづけされています。

 

蒸留しているので、糖質やプリン体などがありませんが、アルコール度数が高くなってしまいます。



翠のほかに、1000円程度のジンを飲んでみましたが、翠ほどに華やかな香りのものはありませんでした。(もっと高いジンは違うのかもしれません・・・)

 

サントリーさんの狙い通り、低価格のジンのなかでは飲み心地がいい商品だと思います。

 

コスパがいいので晩酌のレパートリーに

翠は価格が1000円台前半。

 

ハイボールやロックで美味しく楽しめます。

 

炭酸は、飲みきりサイズのこちらがおすすめです。

 

 

 

コストパフォーマンスがいいので、晩酌のレパートリーに入れてもいいなと思いました。

「翠 ジンソーダ缶」も発売されました。関連記事も参照ください。

【関連記事】「翠(すい)ジンソーダ缶」レビュー

 

【関連記事】ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!


【関連記事】宅飲みにウイスキーと焼酎がおすすめの理由【糖質ゼロでお手頃価格】

コメント