副業・投資をしたいサラリーマンの時間の作り方

腕時計仕事

 アベノミクスで景気が回復したと言っても、サラリーマンの収入はなかなか増えない現状です。

 会社が給料を上げてくれるのを待っていても、歳を取るだけです。

 私は、副業や投資で複数の収入を得ることに挑戦したほうが効率的で、楽しいと思います。

 ただ、仕事をしていると、目の前のことに忙殺されて、「時間がない」という人も多いのではないでしょうか。

 よく言われるように、意識しないと時間を確保することは難しいです。

 私自身もサラリーマンの仕事に追われていますので、時間をつくるのに苦労しています。
 
時間をつくるためのポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

仕事時間を短くする

腕時計

 睡眠以外で一番時間を使っているのが仕事です。

 その仕事時間を短くできないか考えましょう。

 もともとの勤務時間を短くすることは難しくても、定時で帰ることで仕事時間を短くできます。

 働き方改革で、残業を削減する動きが出てきた事業所も多いと思います。 

 「仕事が終わっていても帰れない」という雰囲気の会社もあるかもしれませんが、何か適当な理由を付けて定時に帰ることを習慣にしましょう。

 定時で帰る前提として、仕事を早く終わらせることが必要です。

 効率性や優先順位を意識しながら仕事をするようにしましょう。

 他人に任せることがでいない人や完璧主義の人はどうしても仕事時間が長くなります。

 仕事を一人で抱え込まずに、他人の協力を仰ぐことも必要です。

 それに、多くのことは100%である必要はありません

 例えば、社内会議の資料づくりに時間をかける人がいます。
 しかし、多くの資料は、完璧につくっても流し読みされるだけです。

通勤時間を有効活用する、短くする

 首都圏では、平均通勤時間が1時間半以上という調査結果もあるようです。

 私は、地方都市に住んでいますが、郊外から中心部へ車で通勤するので渋滞がひどいです。
 片道1時間以上かかることも、頻繁にあります。

 もし独身の人であれば、会社の近くに引っ越すことも検討してみましょう。

 1日のうち1時間~2時間の自由時間ができれば、いろいろなことができます。


 引っ越しができない場合、どうやって通勤時間を有効活用するか考えましょう。

 電車で本が読めないような満員電車の場合、オーディオブックやユーチューブ(音声のみ)で勉強することもできます。

 私も通勤時間は、ユーチューブなどを聞き流して、インプットの時間として活用しています。

無駄な付き合いを断る

 カレンダーとペン

 「付き合いだから」という理由で飲み会に行くのは、サラリーマンのシンボリックな姿ですね。

 私も現役のサラリーマンなので、断りづらい飲み会があるのは理解できます。

 ただ、現実には、「本当に必要な飲み会」はほとんどないと思います。

 「飲み会は無駄」と言っているのではありません。 

 気の合う仲間との楽しい飲み会であれば、ストレス発散になっていいと思います。

 私が無駄だと思うのは、仕事の文句と上司の愚痴を聞く飲み会です。私にはストレスです。

 お金と時間をつかって、愚痴を聞かなければいけないのは、ただの罰ゲームです。

 ということで、私はこの数年、ほとんど会社の飲み会には行っていません。

家事時間を短くする

 家事時間は電化製品で削減できます。

 ロボット掃除機を使っている人は多いですね。

 センサーの性能が向上して、使い勝手が良い製品が増えています。

 仕事に行っている間に掃除をしてもらえば、週末に掃除をする必要がないので便利です。


 洗濯では、乾燥までしてくれる衣類乾燥機能が付いた洗濯機がおすすめです。

 干す時間や取り込む時間が短縮できます。

 なかには、衣類のしわを伸ばしながら乾燥する機能を搭載した洗濯機もあります。


 食事の準備や片づけは、家族が多いほど大変ですね。

 一人暮らしの人は外食や弁当で済ませることも多いと思います。

 家族がいると、「自炊をしなければ」という義務感がある人も多いと思いますが、最近は美味しい惣菜や冷凍食品も増えています。

 時間をつくるために、罪悪感なく、冷食などを活用してもいいと思います。

 また、食器洗い乾燥機もおすすめです。洗い物が多い家庭ほどメリットも大きいです。

 洗濯機や食洗器は安くはないですが、時間を買うと思って購入してもいいと思います。

趣味の時間を減らす

 森のなか

 趣味の時間は大切だと思いますが、一時的に我慢して時間を確保することも必要な時があります。

 経済的に今より豊かになりたいから副業や投資を考えているのだと思います。

 普通のサラリーマンが今より豊かになるためには、時間的な犠牲が必要だったり、資金的なリスクを負うことが必要です。

 副業にしても投資にしても、最初の勉強や慣れるまでが大変です。慣れて、知識が蓄積すれば、時間的な負担も少なくなりますので、一時的に楽しみを我慢して、将来のために時間を使いましょう。
【関連記事】サラリーマンにおすすめの副業
【関連記事】株式、投信、債券など投資商品の特性まとめ

仕事
スポンサーリンク
くろくまをフォローする
家飲みライフ

コメント