日本と対戦するアイルランドの強さは?【ラグビーW杯】10月1日更新

アイルランドの島の形楽しみ

 19年9月20日に開幕したラグビーワールドカップ。

 予選プールAで、日本の2戦目の相手はアイルランドでした

 結果は、日本が19-12で勝利しました。

 大方の予想を覆す結果で、びっくりしました。
 
 アイルランドといえば、イングランドやスコットランドと並んで「ラグビー強豪国」です。

 ただ、どのくらい強くて、どんなチームなのか分かりません。

 そこで、アイルランド代表チームについて調べてみました。

スポンサーリンク

アイルランドの世界ランキングは4位(19年10月1日時点)

 アイルランドの島の形

 ラグビーの国際統括団体「ワールドラグビー」が発表している世界ランキング(19年10月1日時点)では、4位です。

 ワールドカップが始まる頃は、ランキング1位。常に上位を維持している強豪です。
 
 一方、日本のランキングは8位。

 近年は、そのくらいの順位で安定しています。

ワールドカップではベスト8が最高

 ワールドカップの結果は、過去8回に出場し、そのうち6回がベスト8。

 プール戦敗退が2回です。

 最近の世界ランキングから考えると、ワールドカップで結果を残せていないようですね。

1987年 – ベスト8
1991年 – ベスト8
1995年 – ベスト8
1999年 – プール戦敗退
2003年 – ベスト8
2007年 – プール戦敗退
2011年 – ベスト8
2015年 – ベスト8

日本との対戦成績は9戦0敗

 日本との戦歴は、ワールドカップ前までの過去9回で、アイルランドの9勝0敗でした。

 今回のワールドカップでの1勝が日本の初勝利です。

 派手さはないが、手堅い戦いが特徴

ダブリンの風景

 アイルランド代表の戦い方は、体格の良さを活かした力強いプレーが特徴。

 セットプレーの安定性、タックルの強さなど、フィジカルの強さを前面に出す戦い方です。

 専門家によると、派手なチームではないが、強固な防御やスクラムで相手を切り崩していく手堅いプレーという見方のようです。

 最近の戦歴としては、2019年の欧州6各国対抗「シックス・ネーションズ」がありました。

 開幕戦でイングランドに敗れましたが、スコットランド、イタリア、フランスに3連勝。最終節でウェールズに敗れたものの、3勝2敗で3位でした。
 
 2018年の「シックス・ネーションズ」では、全勝優勝を飾っており、近年着実にチーム力をアップさせているようです。

ジョー・シュミット監督のもと進化

 指揮を執るのは、ジョー・シュミット監督です。

 ニュージーランド生まれの監督で、2010-2011シーズンにアイルランド・レンスターのヘッドコーチに就任。2年連続でハイネケン・カップを制しました。
 
 プロ12リーグ戦でも2期連続で2位。それらの功績が評価され、13年からアイルランド代表監督を務めています。

 ジョー・シュミット氏の監督就任後、アイルランド代表は2018年の「シックス・ネーションズ」全勝優勝や2018年11月のニュージーランド代表「オールブラックス」の撃破など、大きな実績を残しています。

 戦略やマネジメント力、選手の力を引き出す能力など、その手腕が評価されているようです。

世界屈指の司令塔であるSOセクストン

 ラグビー界で有名な選手も多数います。

 まずは、世界屈指の司令塔であるSOセクストン。
 
  2018年の「シックス・ネーションズ」全勝優勝などの立役者で、2018年のワールドラグビー・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました

 ディフェンスの間隙をついて抜けだすスピードや正確なパスは圧巻で、ドロップゴールも得意。

 アイルランド躍進のキーマンであることは間違いなさそうです。

2つの国にまたがる統一チーム、悲願の初優勝なるか?!

 選手負傷などの不安要素があるものの、近年は好調を維持しているアイルランド代表。

 ベスト4進出、さらに悲願の初優勝も狙えると見る、専門家も多いようです。
 
 最後に、ラグビーのアイルランド代表は、アイルランド共和国の代表ではありません。

 現在、アイルランドという島は、アイルランド共和国と、英国領の北アイルランドに分かれていますが、政治的に二つに分かれる前からラグビー代表が存在ていました。

 そのため、アイルランド共和国と英国北アイルランドの統一チームとして戦っています。

 予選で戦う日本としては、手強い相手ですが、そんなチーム背景も知って試合を見ると、さらに楽しめそうです。

ワールドカップのプールAでのアイルランドの日程は次の通りです。

9月22日16:45   スコットランド戦  横浜国際競技場
9月28日16:15   日本戦  静岡・エコパスタジアム
10月3日19:15   ロシア戦 神戸市御崎公園球技場
10月12日19:45 サモア戦 東平尾公園博多の森球技場

コメント

  1. 匿名 より:

    北アイルランドとの統一チームの説明があるのに、トップの絵に北アイルランドが描かれていない。
    少し残念。

  2. くろくま より:

    ご指摘、ありがとうございます。
    画像素材、探してみます。
    くろくま