「いいちこ下町のハイボール」を飲んでみた【スッキリ、柔らかい口当たり】

いいちこ下町ハイボールハイボール


三和酒類の「いいちこ下町のハイボール」を飲んでみました。

 

名前の通り、焼酎の「いいちこ」が入ったハイボールです。

 

糖質ゼロで、人工甘味料も入ってないので、スッキリして、まろやかでした。


いいちこ下町のハイボール」は次のような人におすすめです。

・甘くないお酒(糖質なし)を楽しみたい人
・まろやかな口当たりを楽しみたい人
・ビールよりも少し強めのアルコール度数で楽しみたい人

 

製品の特徴などをまとめましたので、お酒選びの参考になれば幸いです。


いいちこ下町ハイボール

糖質ゼロでスッキリした飲み口


一口飲んで、本当にスッキリしています。

 

レモンサワーを飲んでいると、「スッキリ」を謳っているいる商品でも、「すっきりした甘さ」であることがほとんどです。

 

でも、この「いいちこ下町ハイボール」は、糖質も甘味料もまったく入っていません

 

本当に甘くありません。

 

原材料は、本格麦焼酎(国内製造)、かぼすスピリッツと炭酸のみ。

 

大分が名産のかぼすのスピリッツが入っているので、爽やで飲みやすくなっています。

 

かぼすの酸味は少なく、まろやかな口当たり


かぼずスピリッツが入っていますが、酸味はほとんど感じられません

 

焼酎が主体なので、まろやかな口当たりです。

 

もし焼酎だけだったら、焼酎臭さが気になると思います。

 

かぼずの風味が加わったことで、爽やかでののど越しが良くなっています。

 

カロリー控えめで、プリン体もゼロ

いいちこ下町ハイボールアップ


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分   7%
エネルギー    43kcal
タンパク質    0g
脂質           0g
炭水化物       0g
食塩相当量      0g


アルコール分は7%。

 

プリン体、香料、甘味料もゼロです。

 

健康が気になる私には、嬉しいです。

 

余計なものが入っておらず、かぼすの風味は鼻に抜ける程度。

 

焼酎の味わいも楽しめます。

 

甘くない、大人のハイボール


最近のチューハイやレモンサワーは、果汁や果皮のを入れて、爽やかな甘さが特徴の商品が多いです。

 

それに対して、この「いいちこ下町ハイボール」はシンプルながらも、カボスの風味を生かした、甘くないお酒です。

 

焼酎の風味も楽しめるので、大人のハイボールという印象です。

 

ただ、「果実感があった方がいい」、「甘さがあって飲みやすいの好き」、「焼酎が苦手」という人には向いていないかもしれません。

 

価格は350ml1本で150円ほど。

 

希望小売価格は193円です。

 

チューハイ缶のなかでは、価格は高い方でしょう。

 

ウイスキーベースのハイボールとは違う魅力があるので、ぜひ試してみてください。

 

ちなみに、「いいちこ下町ハイボールGOLDEN  BLEND」もありますので、改めてレビューしたいと思います。

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。

 
 
 

コメント