iDeCo(イデコ)を使うべき人は?メリット・デメリットを解説!

積み木投資

 「年金2000万円不足」の話題がクローズアップされて、NISAやiDeCoなど、聞きなれない言葉を耳にする機会が増えました。

 今回はiDeCoについてメリット・デメリット、どんな人が活用すべきかをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

iDeCoは自分で作る年金

 積み木

   iDeCoとは、個人型の確定拠出年金のことです。

 しかし、確定拠出年金って言われても、何のことかわかりませんね。

 分かりやすく言い換えれば、自分で作る年金制度のことです。

 毎月一定の金額を積み立てて、金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

 税制面で優遇がありますが、60歳まで引き出すことはできません。

 具体的な制度概要は以下の通りです。

加入資格   公的年金に加入している60歳未満のすべての方
積立金額   月額5,000円から1,000円単位
積立の上限  年額14万4千円~81万6千円
運用商品   自分で選べる
受取期間   60歳から70歳の間の好きな時に開始
受取方法   年金(分割受取)、一時金(一括受取)、分割と一括の併用

 加入資格は、サラリーマン、公務員、主婦でもOKです。これはメリットですね。

 掛金額の上限は、国民年金の被保険者種別、企業年金の加入状況で異なります。

 最大の特徴は節税メリットがあることです。 
 次の3点です。

積み立て時 掛金が全額所得控除 
運用時   分配金などの運用利益が非課税
受け取り時 一定額まで非課税

 掛金が所得控除となるのはうれしいですね。

 それに、運用益の課税は本来約20%ですので、これも節税効果が大きいです。

 受け取り時の課税については、受け取り方で課税の方法が違います。 
 一括、分割どちらの場合も、ほかの退職金や年金と合算されますので、非課税のメリットが少なくなる場合があります。

最大のデメリットは60歳まで引き出せないこと

 横に並べた積み木

 原則60歳まで引き出せないことは、大きなデメリットです。

 引き出す心配がないような資金で運用すべき、ということでしょう。

 ただ、掛金の額については、毎年1回変更することができます。

 
 手数料がかかることもデメリットです。

 具体的には、口座維持手数料、収納手数料、運用管理費用です。

 しかし、年間1万円以下ですので、節税メリットで十分に吸収できます。 

 
 投資する金融商品については、自分で選ぶことになります。

 これは、メリットでもあり、デメリットでもあると思います。

 自由に選べるので、安全に運用にしたり、リスクが比較的高い商品で運用もできます。
 ただ、投資初心者の方には選定が難しく、ハードルが高く感じてしまいます。

iDeCoのメリットが少ない人と大きい人とは?

 まず、iDeCoのメリットが少ない人使わない方がいい人は次の通りです。

・所得がない専業主婦の人やパート勤務の人
・扶養控除や住宅ローン控除、ふるさと納税などを活用している人
・貯蓄がない人

 所得が少なかったり、課税所得が少な人は、所得控除のメリットが少なくなってしまいます。

 それに、60歳まで引き出しができませんので、余裕資金がない人は難しいですね。


 iDeCoを使ってメリットが大きい人は次のような人です。

・高所得のサラリーマンなど、税負担が大きい人

 所得税をたっぷり払っていて、資金に余裕があるひとはiDeCoのメリットも大きいと思います。

 特にサラリーマンは、使える控除が限られているので、メリットもあるでしょう。

iDeCoは制度が複雑、メリットを見極めて利用しよう 

 以上、簡単に特徴とメリット・デメリットをまとめてみました。

 細かいことは説明していませんが、複雑で分かにくい制度です。

 投資商品の選定も含めて、初心者にはハードルが高いのではないかと思います。

 それに、事業主であれば、経費の範囲が広がったり、小規模企業共済などの控除も使えますので、むりにiDeCoを使う必要もないのかなと・・・。

 私自身も、今の時点では使う必要はないと考えています。
 手元に自由な資金を増やして、不動産事業に使いたいと思っているからです。

 投資は自己責任で!
 理解できない制度や商品には投資をしないようにしましょう!

【関連記事】投資初心者におすすめ!積立NISA
【関連記事】株式、投信、債券など投資商品の特性まとめ

投資
スポンサーリンク
くろくまをフォローする
家飲みライフ

コメント