「本搾り ライム」を飲んでみた【爽やかな果汁がおいしい】

本搾りライムお酒


キリンの「本搾り ライム」を飲んでみました。

 

レモンサワーが人気のなか、ライムのお酒も気になってました。

 

「本搾り レモン」もおいしいですが、この「ライム」も果実のおいしさを感じられて、爽やかな口当たりでした。

 

「本搾り ライム」は次のような人におすすめです。

・ライムの酸味や爽やかさを楽しみたい人
・香料や糖類が無添加のレモンサワーを楽しみたい人
・ビール程度のアルコール度数で楽しみたい人
・カロリー控え目で楽しみたい人


商品の特性などをまとめましたので、お酒選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。


本搾りライム

ライム果汁13%でスッキリ


ライム果汁は13%配合されています。

 

見た目も白濁していて、果汁の多さが分かります。

 

飲んでみると、ライムの酸味や苦みがしっかり味わえます。

 

レモンよりは酸味が弱いですが、ライム独特の爽やかさがあります。

 

甘さもないので、本当にすっきりと楽しめます。

香料・酸味料・糖類無添加で素材感


「本搾り」シリーズのコンセプトは、「果汁とお酒だけ」

 

この「ライム」も原材料は、ライム、ウオッカ/炭酸だけです。

 

果実のおいしさが感じられます。

 

香料・酸味料・糖類は無添加

 

ただ、シンプルなので、ウォッカの風味も感じられます

 

ひとによっては、「アルコール感があって飲みにくい」と思うかもしれませんね。

カロリーは39kcal/100mlで控え目


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分  6%
エネルギー   39kcal
タンパク質   0g
脂質     0g
炭水化物  0.4~1.8g(糖類0~1.0g)
食塩相当量 0g


アルコール度数は6%。

 

糖類入っていないので、カロリーも控え目

 

100mlあたり38kcalです。

 

スッキリしていて、カロリーも控え目なので、毎日飲みたくなります。

ライムの爽やかさを楽しめる、甘くないお酒


「本搾り レモン」と同じく、果実感があって、甘くないのが嬉しいお酒ですね。

 

糖類や甘味料を入れたら飲みやすくなるのかもしれません。

 

ただ、甘くないので、食事にも合わせやすいし、カロリーも控え目です。

 

価格は350ml1本で110円程度。(ディスカウントストア価格)

 

コスパがいいですが、お酒はほどほどに楽しみましょう。

 

【参考記事】アルコール度数5%のおすすめレモンサワー【特徴別に紹介】

【参考記事】アルコール度数7%のおすすめレモンサワー【特徴別に紹介】

コメント