「白岳ハイボール」レビュー 【すっきりクセがない】

ハイボール

「黒ッキリボール」をきっかけに、焼酎の炭酸割り(ハイボール)を飲んでみようと考えました。

九州に住んでいるので、スーパーなどでも豊富に焼酎が売られています。

今回は、白岳のハイボールをつくってみました。

熊本県人吉市の高橋酒造が製造する米焼酎です。

黒霧島に比べると、すっきりしていて、クセがない味わいでした。

白岳ハイボールは次のような人におススメです。

・すっきりした焼酎ハイボールを味わいたい人
・糖質やプリン体が気になる人

製品の特徴や感想をまとめましたので、お酒選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

簡単でおいしい、焼酎ハイボールの作り方

白岳ハイボールの作り方ですが、とても簡単です。

「焼酎を炭酸で割る」だけですが、黒ッキリボールの作り方と同じ割り方にしました。

  • 1 氷をグラスに山盛りに入れる
  • 2 焼酎:炭酸水=1:2の割合で注ぐ
  • 3 混ぜるのは1回

霧島酒造のホームページに書いてある割り方です。

白岳は黒霧と同じアルコール度数25度なので、同じ割合でつくってみました。

炭酸水は180mlの缶を使用したので、焼酎は90ml入れました。

米の風味と、すっきりしたノド越し

グラスに鼻を近づけると、ほんのり米こうじの香りがします。

黒霧島の香りの強さと比べると、白岳の香りは弱いです。

白岳をストレートでのむと、米の香りや甘味があります。

ハイボールにすることで、甘味が抑えられて、すっきりした味わいが強くなった感じです。

焼酎の香りがコクが苦手な人は飲みやすいと思います。

甘くなく、キレがいいので、食事にも合わせやすそうです。

カロリー控えめで、プリン体ゼロ

白岳の原材料は米と米こうじ。

100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分  7%
  • エネルギー   141kcal
  • タンパク質   0g
  • 脂質      0g
  • 炭水化物   0g
  • 食塩相当量  0g

プリン体もゼロです。

作った白岳ハイボールは焼酎90mlを使ったので、1杯で約127kcalです。

焼酎と炭酸水だけなので、比較的カロリー控えめです。

焼酎が苦手な人にもおすすめ

黒ッキリボールと比べると対照的で、香りやコクが抑えられハイボールでした。

もともとの焼酎の甘味も目立たなくなり、個人的には水割りよりも飲みやすいかったです。

すっきりしているので、毎日の晩酌には合っていると思います。

ただ、しっかりした味わいが好きな人には、物足りないかもしれません。

焼酎が苦手な人でも飲みやすいと思います。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

「黒ッキリボール」 のレビュー記事は以下です。

コメント