いい香りのへアトニックで頭皮ケア!無香料・微香の商品を紹介 

男性の頭身だしなみと臭い対策

 ヘアトニックといえば、おじさんが使うもので、若い人は使ったことがない人も多いのではないでしょうか。ただ、上手に使えば、頭皮ケアに効果的ということで、最近は女性用の商品なども増えてきています。

 個人的な推察ですが、「おじさん」のイメージなってしまうのは、ヘアトニックに匂いのせいだと思います。今回は無香料または、おじさん臭くないヘアトニックを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヘアトニックの効果は「頭皮環境を整える」

 男性の頭

 そもそもヘアトニックは、どのような効果できるのでしょうか?(※効果には個人差があります)

 育毛などの効果を期待して使っている男性も多いかもしれませんが、基本的には「頭皮環境を整える」ためのものです。

 「頭皮の臭いが気になるので、ヘアトニックの匂いでごます」という使い方は正しくありません。

 ヘアトニックを使って、潤い保ったり、炎症を抑え、頭皮を健康に保つ。頭皮が健康であれば、臭いを抑えることができる、ということです。

 商品によって効果には違いがありますが、一般的には、乾燥やフケを予防したり、かゆみを抑えたりする効果が期待できる商品が多いです。

 頭の臭い対策については、別にブログを書いています。
 下のリンクからご覧ください。
【関連記事】臭いとフケを解消する頭皮ケアの方法

おじさん臭くない、無香料のヘアトニック3選

柳屋 ヘアトニック無香料クールタイプ 

 240ml、実売価格700円程度

 柳屋ヘアトニック無香料クールタイプ

 老舗の化粧品メーカー 柳屋のヘアトニックです。一度は目にしたことがある人が多いと思います。

 そのなかでも、こちらの商品は無香料です。メントールが配合されており、爽快感も感じられます。

 グリチルリチン配合で、炎症を防ぐ効果も。延命草・苦人参・白樺抽出エキス配合で保湿効果も期待できます。

ルシード ヘアトニック 

 200ml、実売価格850円程度

 ルシード ヘアトニック

 男性化粧品シリーズのヘアトニックです。無香料で清涼感も感じられ、使い心地もいいです。

 ただ、メンソールが強めで、刺激が苦手な人には不向きかもしれません。頭皮の乾燥を防ぐ成分も配合されています。防腐剤は無添加です。

柳屋 フレッシュトニック スーパークール

 190g、実売価格550円程度

 柳谷フレッシュトニック

 柳屋のスプレータイプのヘアトニックです。生薬抽出成分とビタミンE誘導体が血行を良くして、抜け毛予防などの効果も期待できるそうです。爽快感が持続し、サラリとした使用感です。

 スプレータイプで使いやすいですが、スーパークールなので刺激は強めです。

「いい匂い」の微香タイプ3選

資生堂 アデノバイタル スカルプトニック

 200g 実売価格1900円程度

 資生堂adenovita

 資生堂のスプレー式のトニックです。女性向けなので、香りも強くありません。

 抜け毛・フケ・かゆみを防ぐ、育毛トニックで、保湿などの成分に加え、キューティクルを補修するオノニスエキス、コルテックスを補修するシソエキスなども配合。髪のハリやボリュームアップにも効果が期待できるようです。

柳屋 ヘアトニック 柑橘

 240ml 実売価格1200円程度

 柳谷ヘアトニック柑橘

 また、柳屋の商品です。天然柑橘エキスを配合した薬用のヘアトニックで、3種の薬用成分により抜け毛防止などの効果も期待できます。

 香りは、さわやかな柑橘系。おじさんたちが使い慣れた柳屋の商品で、さわやかな香りなので、ぜひ試してみてください。

ヴェレダ オーガニック ヘアトニック

 100ml 実売価格2200円程度

 weleda-tonic

 スイスのオーガニックコスメブランドである「ヴェレダ」のヘアトニックです。ハーブっぽい香りが特徴で、刺激も少ないです。

 サラサラして使いやすいので、頭皮をマッサージするときに使っている人もいるようです。ほかに紹介した商品と比べると、少し価格が高いですが、自分に合う商品がない人は試す価値があると思います。

※実売価格は、いずれも2019年5月現在のアマゾン価格を参考にしたものです。

使いすぎには注意!ヘアトニックの正しい使い方

 ヘアトニックの使い方のポイントは次の通りです。

・シャンプー後、タオルで水気をとった後に使う。
・適量を散布した後、指の腹で、もみ込むように頭皮になじませる。頭全体になじむように、軽くタッピングすることも有効。
・濡れている髪・頭皮をドライヤーで乾かす。高温にならないように、遠くから風をあてたり、冷風を使う。
・1日2回の使用が推奨されている商品であれば、夜に加えて、朝も使う。整髪料をつける前にヘアトニックを使い、十分になじませる。濡れた髪や頭皮はドライヤーで乾かす。

 まとめ

 無香料や微香性のヘアトニックを合わせて6アイテム紹介しました。肌に合わない事もあるかもしれませんし、香りには好みがありますので、いくつかの商品を試してみるとよいと思います。

 5000円以上の高級なヘアトニックもありますが、紹介した商品は比較的手に入れやすい価格帯です。一緒に「健康な頭皮」を目指しましょう。
【関連記事】おじさん臭に効果的なボディソープを紹介
【関連記事】おじさんに効果があった「足の臭い対策」 

 

コメント