宝酒造「極上レモンサワー 丸おろしレモン」を飲んでみた

丸おろしレモンレモンサワー

最近、いろいろな酎ハイやレモンサワーが発売されていますが、宝酒造も多くの商品を販売しています。

 

今回は同社の「極上レモンサワー 丸おろしレモン」を改めて飲んでみました。

 

21年3月に缶のデザインが新しくなったようです。

 

率直に言って、アルコール感がほとんどなくて、「美味しすぎる」と思いました。

 

「極上レモンサワー 丸おろしレモン」は次のような人におすすめです。

・レモンの酸味、苦みを楽しみたい人
・甘くなくて飲みやすいレモンサワーを楽しみたい人
・ビールよりも少し強めのアルコール度数で楽しみたい人

 

簡単に製品の特長などをまとめましたので、お酒選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

丸おろしレモン

果汁11%でレモンの旨みが美味しい

 

まず、レモン果汁が11%も含まれています。

 

混濁果汁なので、コップに注ぐと濁っています。

 

「丸おろし」の名前の通り、レモンペーストも使用されています。

 

そのためか、レモンの酸味、苦みが感じられます。

 

香りはあんまり感じられませんでしたが、口にれると爽やかです。

 

後味はしっかりと「レモン」です。

 

前回紹介したキリンの「発酵レモンサワー」は独特の甘味がありましたが、それと比べると甘くありません。



11種類の樽貯蔵熟成焼酎を使用

 

メーカーのHPによると、11種類の樽貯蔵熟成焼酎を使用とのこと。

 

焼酎の詳しいことは分かりませんが、一般的に熟成させると、味はまろやかになります。

 

その熟成のおかげなのか、「丸おろしレモン」はあまりアルコール感を感じません

 

レモンの風味が爽やかなので、大人向けのレモンジュースのようです。

丸おろしレモン

アルコールは7%、プリン体・甘味料はゼロ


100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分  7%
エネルギー   55kcal
タンパク質   0g
脂質     0g
炭水化物  3.7g
食塩相当量 0.09g
プリン体 0mg


アルコール分は7%。ビールよりは強いですね。

 

私は350ml1本で、酔ってしまいます。

 

糖質、プリン体、甘味料はゼロです。

すっきりと美味しいレモンサワー


プリン体ゼロというのも嬉しいですが、甘すぎず、レモンの果実感も感じられて美味しいです。

 

甘口が好きな人が飲んだら「辛口」と感じるかもしれません。

 

ただ、辛すぎず、爽やかなレモンの風味があるので、飲みやすいです。

 

前回紹介した発酵レモンサワーよりも甘くないので、私は好きです。

 

焼酎っぽさも少ないので、ゴクゴク飲めます。

 

価格は、350ml1本で160円程度。

 

同じ宝の「焼酎ハイボール」シリーズよりも高いですが、こちらの方が美味しいです。

美味しいので、本当に飲みすぎに注意です。


酒量はほどほどに楽しみましょう。

【参考記事】【果実感、ストロング系、すっきり】お好み別のレモンサワーおすすめ缶

【参考記事】発酵レモンサワーを飲んでみた【感想: 酸味と旨味が美味しい 】

【参考記事】辛口でさっぱり!大分のかぼすハイボール【美味しいお酒】

【参考記事】ハイボールに合うウイスキーは?1000円台のおすすめ銘柄を紹介!

コメント