イオンのPB商品「富良野生ビール」を飲んでみた【安くておいしい】

富良野生ビールお酒


イオンのプライベートブランド「トップバリュ」から発売されている「富良野生ビール」を飲んでみました。

 

価格が税込165円という安さと、サッポロが製造している期待感から買いました。

 

飲んでみると、期待通り、安くておいしいビールでした。

 

このビールは次のような人におすすめです。

・お得に本格ビールを楽しみたい人
・ビールの苦みを楽しみたい人
富良野生ビール

富良野産ホップを使用した本格ビール


この「富良野生ビール」の特徴は、150円(税込165円)という安さです。

 

それも、製造はサッポロビール。

 

大手製造のビールで、この価格は驚きです。

 

それに、富良野産のホップ「リトルスター」を50%以上使用

 

口にしてみると、確かにしっかりと苦みを楽しめます。

 

爽やかな風味があって、後味もいいです。

 

当たり前ですが、第三のビールよりもおいしいです。



成分、原材料など大手ビールと遜色なし


1缶(350ml)あたりの成分は以下の通りです。

エネルギー   140kcal
タンパク質   1.8g
脂質     0g
炭水化物  7.6~12.1g
糖質    9.5g
食物繊維 0~0.7g
食塩相当量 0g


アルコール度数は5%

 

成分は、サッポロ黒ラベルなどと大きな違いはないようです。

 

原材料は、麦芽とホップのみ

 

コーン、スターチなどは入っていません。

 

サッポロビールの千葉工場または仙台工場で製造されています。

 

イオンのプライベートブランドですが、本格的なビールだと思います。

 

大手メーカーのビールと比べても遜色ないと思います。

 

サッポロがつくっているので、当たり前ですが・・・

富良野生ビールアップ

第三のビール「バーリアル」との価格差は約80円


トップバリュには第三のビール「バーリアル」があります。

 

価格は税込で約86円。

 

「富良野生ビール」と比べると80円ほど「バーリアル」が安いです。

 

価格差はありますが、私の場合、あまり多くの量は飲まないので、「富良野生ビール」を選びますね。

 

正直なところ、「バーリアル」よりは、100円くらいのレモンサワーを選ぶかもしれません。

 

安く、おいしく、飲みやすい本格ビール


「富良野生ビール」は、ライトではありませんが、重すぎることもありません。


ほどよい苦みを楽しむことができます。

 

ビール好きの人であれば、多くの人が飲みやすいと思います。

 

黒ラベルも好きですが、価格を考えると、富良野生ビールを選ぶかもしれません。

 

165円という価格なので、大満足の商品です。

 

おいしいお酒はたくさんありますが、ほどほどに楽しみましょう。

【関連記事】サッポロの限定醸造ビール「サクラビール」を飲んでみた

【関連記事】アルコール度数5%のおすすめレモンサワー【特徴別に紹介】

コメント