【不動産投資の始め方】年収400万円で大家になる方法①

ジャンプした足元不動産

 このブログでは不動産投資のメリット・デメリット、種類などを書いてきました。

 リスクもありますが、資産拡大や稼ぐ方法として不動産投資は有効だと私は考えています。

 ただ、「不動産投資」と言えば「金持ちのやること」と思い込んでいる人が多いようです。

 しかし、副収入が本当に必要なのは収入が低い人ではないでしょうか。

 私自身、年収300万円台で不動産投資を始めました。

 その理由は、「給料はなかな上がらない。将来、生活コストがあがったときに給料では足りない」と考えたからです。

 多くの人は「将来、教育費は足りるのか」、「10万円くらい給料が上がらないかな」と考えていると思います。

 そんな人こそ不動産投資をすべきです。

 と言っても、どうやったら不動産で稼ぐことができるのか分からないと思います。

 年収300万円台だった私のように、決して高収入ではない人が大家になるステップを解説します。

 主な手順は以下の通りです。

①資金を貯める
②不動産投資の勉強する
③どの地域で、どんな物件を買うか決める
④1棟目を買って、さらに資金を貯める
⑤2棟目の物件を買う

順番に解説します。

スポンサーリンク

資金を貯めるー目標「300万円~500万円」

 ジャンプした足元

 どの投資にも共通していますが、まずは種銭が必要です。

 小さい物件を現金買いする場合は当然、一定の金額が必要です。

 不動産投資の場合、銀行からの借り入れも可能なので、全額を使うとは限りませんが、それでも「見せ金」が必要です。

 住宅ローンは別ですが、銀行は、年収が低くて、貯蓄もない人にお金を貸してくれません。

 ただ、年収が低くても貯蓄がある人は「節制した生活ができる人」として、融資も受けやすくなります。

 融資を使うかどうかに関わらず、コツコツと貯蓄をしましょう。

 不動産投資をする場合、最低でも300万円~500万円は必要と言われます。

 取得する物件にもよりますが、500万円を目指しましょう。

 では、どうやって貯蓄を増やすのか?

 その方法は「節約」か「稼ぎを増やす」しかありません。

固定費を削減して貯蓄体質になる

 節約のコツは、まず固定費を削減することです。

 固定費とは、住宅費(家賃)、保険料、通信費、車関連費などです。

 日本人は欧米諸国と比べて「保険好き」で、「新築好き」です。

 それに格安スマホの利用率は20%以下です。

 現状から固定費を削減できる人は多いと思います。

 具体的な固定費の削減方法は以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】固定費の見直しで月に1万円の支出削減

【関連記事】住宅関連費の削減で生活防衛

【関連記事】車の維持費を見直して固定費を削減

 上で紹介した固定費を見直すだけで、月に数万円の支出削減になる人も多いと思います。

 地方であれば、車は必要かもしれませんが、車の機能だけで考えると中古車で十分です。

 私もカッコいい車に乗りたいですが、余裕ができてからでも遅くありません。

「見栄」に多大なお金を使っていないか見直しましょう。

 節約は、「お金について勉強する習慣」や「経済的に合理的な判断」を身に付けるチャンスです。

副業などで収入を増やす

コンクリートの壁

  節約の一方で、稼ぎを増やすことができれば、貯蓄スピードが増します。

 本業を頑張って給料が増えればいいのですが、それが難しいので不動産投資をしようと思っているのだと思います。

 そのような人は副業を検討しましょう。

 結婚している人であれば、配偶者の人に協力してもらって、世帯年収を上げましょう。

 副業については、以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】サラリーマンにおすすめの副業

 今、副業には色々な業種・職種があります。

 自分のスキルや好きなことで稼ぐことも十分可能です。

 時間的に余裕がある人は検討してみてください。

頼れる人がいるのなら頼る

 もうひとつ、資金を確保する方法があります。

 人に頼るのです。

 例えば、親から結婚資金や自宅購入資金の支援を受ける人は多いでしょう。

 「結婚資金の援助は要らないので、不動産投資の資金に使わせてほしい」と、理解を求めてみてもいいと思います。

 または、直接的に資金援助を受けなくても、結婚費用を自己資金の範囲に抑えれば、支援を受けた分は残るはずです。

 資金援助がなくても、銀行からの借入時に保証人になってもらうという頼り方もあります。


「人に頼る」ことに否定的な意見もあるかもしれませんが、私は努力する動機付けになると思います。

人に頼るからには、自分も節制した生活をして、一生懸命勉強しようと思えます。

そして、迷惑をかけないように、必ず不動産投資を成功させようと努力するはずです。

「人に頼る」ことは、恥ずかしいことでも、ダメなことでもありません。

むしろ、成功して恩返しができれば、信頼につながるはずです。

 不動産投資の勉強は本とネットで出来る

古い通り

 資金を貯めるのには、少なくとも1年くらい時間がかかるかもしれません。

 資金を貯めながら不動産投資の勉強をしましょう。

 どの投資でも同じですが、分からないことに投資することが失敗の一番の原因です。

 不動産投資、アパート経営といっても、物件取得、物件運営・管理、リフォーム、融資、売却、税務など多岐にわたります。

 すべてを完璧に勉強する必要はありませんが、大筋を理解できるようになってから物件を買った方がいいでしょう。

 どの投資(物件)にもリスクはありますが、そのリスクを理解して、想定や対策をすることが大切です。

 勉強することで、ノーリスクにはできませんが、リスクを想定し、準備することができます。

 「全部勉強してから買う」と考えると、いつまでも買えませんので、まずは、一通り不動産投資を理解して、その後は運営しながら勉強すればいいと思います。

 勉強方法については、以下の記事にまとめています。

【関連記事】【不動産投資の始め方】今日からできる勉強方法を紹介

 
 今は不動産投資関連の本も数多く出版されていますし、ネット上の情報も溢れています。

 ただ、ネット上には不動産業者が発信している情報も多いです。

 そのような業者のホームページは、「とにかく買わせたい」という内容です。

 リスクやデメリットについては、自分で考えてみることが大切です。

 おすすめは、実際に大家をやっている人の本やブログです。

 投資スタンスや規模が違うので、自分には当てはまらない部分もあるかもしれませんが、参考になることは多いです。

 ある程度の本やブログを読むことで、自分が目指す不動産投資のかたちが徐々に明確になると思います。

 「年収300万円台で大家になる方法」①はここまでにします。

 次の記事では、どんな物件を買って、どう運営するかという点を中心に書きたいと思います。

コメント