FPの知人が豊かではない理由を考えてみた【投資の勉強】

家々投資

私の知人の話です。Aさんとします。


Aさんは私よりも10歳以上年上で、定年が見えてきた男性です。


保険の営業マンで、私が不動産投資を始めたころに知り合いました。


Aさんはファイナンシャルプランナーの資格も持っていて、株式を中心とした投資商品のアドバイスも行っています。


そんな彼なので、十分に資産を蓄えているように思えますが、そうでもないようです。


年に何回か話をするのですが、そのたびに「教育資金の工面が大変」、「仕事の環境が厳しくなっている」と嘆いています。


私がお客さんの立場なので、同情を引こうとしているのかもしれませんが、話を聞いてみると、本当に困っています。


彼が豊かになれない理由について考えてみました。

スポンサーリンク

「投資をする余裕はない」と言いながら、ギャンブル

家々

AさんはFPのサービスの一環として、投資に対するアドバイスをしています。


私は過去に個別株を買って塩漬けにしてしまった経験があるので、勉強のつもりで株や投信の話をすることがあります。


その流れで、「自分で投資はしないのですか?」と聞いたことがあります。


すると、「この数年は子どもの大学に学費などに使っていたので、そんな余裕はなかった」とAさん。


しかし、続けて「自分で自由に使えるのは、たまに行くパチンコ代くらい」と・・・。


パチンコ代であれば、おそらく月に1万円くらいはかかるでしょう。


もし、Aさんが30歳代のころから20年間にわたって、月1万円で積立投資をつづけていたら、どのくらいになっているのでしょう?


アメリカのS&P500は、1998年から2018年の20年間で、平均すると年5%の成長です。


月1万円、S&P500に20年間投資すれば、411万円になっていた計算になります。


しかし、Aさんはギャンブルで月1万円を使っていました。20年間で240万円です。


たまにパチンコで勝つことはあると思いますが、勝ち続けることは難しいです。


Aさんも「最近は出玉規制もあって大きく勝てなくなった」と嘆いていました。


当たり前ですが、余裕資金があるのであれば、パチンコよりも投資ですね。

車は必要だけど、頻繁な買い替えは必要か?

植物

地方都市なので、営業をするためには車が必要です。


Aさんは自分の車で営業をしているのですが、2~3年で車を買い替えているようです。


毎回新車に買い替えているわけでもないですし、高級車というわけでもありません。


保険の営業マンとして、ボロボロの車で顧客に会いに行くことはイメージ的にもNGなのかもしれません。


しかし、2~3年で買い替える必要があるようには思えません


もちろん、趣味で車を楽しむことは否定しません。


ただ、車の維持・買い替えは資産形成という点は大きな障害になっているはずです。


先日会った時には、スポーツカーに乗っていて、ビックリしました。


スポーツカーで営業に回る必要があるのか疑問です。


「投資よりも車」。それがAさんの本音なんだと思います。

「向いていない仕事」では稼げない


Aさんは営業マンなのですが、「自分には営業が向いていない」と何度か聞いたことがあります。


今の職に就いて20年以上。そんなことを言いながら、Aさんは60歳近い年齢です。


「営業に向いていない」ということは、「業績が上がらない」ということです。


外資系の保険会社なので、ダイレクトに業績が給与に反映されるようです。


私も最近になって気づいたのですが、やはり、自分が得意とする分野で仕事をすべきです。


少なくとも「不得意分野で仕事をすべきではない」と思います。


最近は転職市場が活況ですが、少し前までは転職が難しい時代があったことも理解できます。


しかし、自分の良さを活かせるような職場や職業を選択すべきだっとのだと思います。


Aさんの場合、転職できない事情があったのかもしれませんし、保険の営業を始めた当初は順調だったのかもしれません。


詳しい背景が分からないので、簡単には「転職すべきだった」とは言えません。


ただ、一般論として、「自分には向いていない」と思う仕事であれば、転職を考えるべきだと思います。


転職しないのであれば、投資や副業を考えるべきでしょう。

知識は必要だけど、行動がなければ変わらない

野原

Aさんが経済的に苦しんでいる理由について、ギャンブル、車、仕事の適正という点で考えてみました。


家庭事情などは把握していませんが、大筋では間違っていないと思います。


Aさんは、FPの知識もありますし、普通の人よりも金融リテラシーが豊富です。


それでも、資産形成の基本である「積立投資」や「無駄な出費の削減」をしていません


知識はあっても、行動しなければ資産を築くことはできない事例です。


Aさんと逆のことをすれば、少しは資産が築けるかもしれません。


ギャンブルや車にお金を使わず、節約をして資金を貯める。


それを投資に回して、長期で運用する。


一方で、転職や副業で稼ぐ力もアップさせる。

長い目で見れば、経済的に大きな違いになると思います。


実際に私は、Aさんと出会ってからの10年弱で、資産を5倍以上にすることができました

それは、「節約して、投資(不動産)をして、利益を次の投資に使う」ということを繰り返してきたからです。


稼ぐ力ある人は別ですが、多くの人は月に数千円の節約が投資のスタートです。


ギャンブルよりも投資の可能性を信じてみませんか?

【関連記事】固定費の見直しで月に1万円の支出削減【サラリーマンの節約】

【関連記事】株式、投信、債券など投資商品の特性まとめ【投資の勉強】

コメント