おじさんに効果があった「足の臭い対策」を紹介!  

軽石身だしなみと臭い対策

 おじさんの悩みのひとつが、足の臭いです。

 自分でも足が臭うのは嫌ですが、周りに迷惑をかけてしまうのが嫌ですね。足を意識して丁寧に洗っても臭ってしまうという人も多いと思います。

 私が試して効果があると感じた対処法を紹介します。

スポンサーリンク

臭いを抑えるための足のケアとは?

 臭いの原因ですが、一言でいえば、雑菌の繁殖です。靴の中で雑菌が皮脂や汚れを餌に繁殖してしまいます。汗をかいて、湿度もありますので、靴の中は雑菌にとっては絶好の環境といえます。足と靴の両方のケアをすることが大切になります。

角質や爪垢も臭いの原因に

 まず、足のケアです。
 毎日足の指の間まで石鹸で洗い、清潔にするように心がけましょう。また、角質や爪垢なども臭いの原因になりますので、角質ケアや爪切りも定期的に行うようにしましょう。

軽石

 角質については、専用のパックもありますが、100円ショップでも角質を擦り取る軽石が売ってあります。角質が部分的であれば、そのようなものでケアすればいいと思います。

消臭対策に重曹やデオドラントクリームを

 それでも臭いが気になるということであれば、重曹足湯がおすすめです。重曹は掃除でも臭い消しとして使われますが、天然成分ですので体には害はありません。
 重曹はアルカリ性で、におい成分は酸性ですので、中和してくれることで臭いがなくなるということです。重曹足湯の方法は簡単です。重曹を小さじ1杯入れた洗面器に足を付けるだけです。重曹を使って洗うだけでも効果があるかもしれません。重曹も100円ショップで売ってありますので、ぜひお試しください。

 足を清潔にすることは大切なんですが、それでも心配ですよね。そんなときは、臭い対策のクリームがいいと思います。5000円くらいする高級クリームもありますが、まずはデオナチュレの足指さらさらクリームを使ってみるといいと思います。ドラッグストアなどで手に入りますし、価格も1000円以下です。

デオナチュレ足指さらさらクリーム

靴の臭い対策は、乾燥から

靴はローテーションで使う

外回りのサラリーマン

 いくら足を清潔にしても、靴が不潔で、雑菌だらけでは臭い対策になりません。
 靴のケアですが、まずは乾燥させることです。1日靴を履いているとコップ1杯分の汗をかくと言われます。仕事などで革靴を履く人は、靴を最低でも2足、できれば3足買って、ローテーションで履くようにしましょう。
 私がおすすめの、1万円台のビジネスシューズは下の記事で紹介しています。
【関連記事】コスパ最高!おすすめビジネスシューズ

 仕事の環境によって左右されると思いますが、できる限り靴を脱ぐ機会を作った方がいいです。オフィスではスリッパに履き替える。外出先でも、迷惑にならない範囲で、例えばトイレの個室やカフェで休憩するときなどに、短い時間でも靴を脱ぐことができると思います。

 私は外回りで車を運転する機会が多いのですが、ドライビングサンダルを用意して履き替えるようにしています。足も楽ですし、汗もかきにくいので快適です。

 インソールや消臭スプレーを使う

 インソールを使うのも有効です。消臭効果のあるインソールもありますし、乾燥や洗濯がしやすいので靴の中を清潔に保つことができます。また、汗をよくかく人は、昼休みなどに靴下を履き替えることも防臭になります。「仕事中に靴を脱ぐ機会はない」という人も、インソールを使ったり、靴下を交換したりして、靴の中を清潔に保つ対策をしてみてください。

 足や靴のケアをしたうえで、消臭スプレーを使うことが有効です。私もいろいろな種類のスプレーを使いましたが、抗菌効果があって、無香料のものがおすすめです。具体的には、マツキヨの「くつとブーツの消臭スプレー」などは、銀イオンを使った消臭で、価格もお手頃です。

マツモトキヨシ 靴・ブーツ用消臭スプレー

 足の臭い対策をまとめると次のようになります。

・足を清潔に。角質や爪垢のケアも。
・足の消臭にはクリームや重曹を使う。
・靴はローテーションで使い、乾燥させる。
・可能な限り靴を脱いで、足と靴を乾燥させる時間をつくる。
・抗菌効果のあるスプレーやインソールを使う。

 足の臭いと戦ってきた私の体験をもとに、臭い対策を紹介しました。一つの対策だけではなく、足と靴の両面から臭い対策をしなければ効果は半減してしまいます。私は一つ一つをしっかりと行うことで、足の臭いに悩むことはなくなりました。ぜひ試してください。

 体のデオドラント対策については以下のページにまとめていますので、ご覧ください。
【関連記事】サラリーマンのデオドラント対策を紹介
【関連記事】おじさん臭に効果的なボディソープを紹介

 

コメント