「クラフト -196℃ ひきたつレモン」レビュー【レモンの酸味・苦みが濃厚】 

レモンサワー

サントリーの「クラフトー196℃(イチキューロク) ひきたつレモン」を飲んでみました。

「ー196℃」のシリーズの新しいブランドで、2022年3月29日に新発売されました。

「みかん」と「りんご」もありますが、今回は「レモン」です。

「クラフト -196℃ ひきたつレモン」は次のような人におすすめです。

  • レモンの酸味・苦みを楽しみたい人
  • 少し甘いレモンサワーを楽しみたい人
  • ビールより少し強めのアルコール度数で楽しみたい人

特徴や感想をまとめましたので、お酒選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

甘さもあるけど、レモンが濃い

飲んでみると、レモンの酸味が全面に感じられて、スッキリです。

酸味に隠れていますが、レモンの苦みも結構強いです。

レモンの爽やかな香りもほんのり感じられます。

少し甘さもあります。

レモンの酸味・苦みが強く、濃い味わいです。

craft-196℃ひきたつレモン

レモン浸漬酒やレモンピール蒸留酒を加えて果実感

原材料は、レモン、レモンピール、ウオツカ(国内製造)、レモンピール蒸溜酒、糖類/酸味料、炭酸、香料。

100mlあたりの成分は以下の通りです。

  • アルコール分   7%
  • エネルギー    49kcal
  • タンパク質    0g
  • 脂質                   0g
  • 炭水化物         2.3g(糖類1.62g)
  • 食塩相当量        0.14~0.25g

プリン体はゼロです。

果汁は3%

アルコール度数は7%。ウォッカベースです。

レモン浸漬酒レモンピール蒸留酒を加えることでレモンの味わいを出しています。

果汁3%にしてはレモンが濃く感じます

craftー196℃ひきたつレモン

濃い味が好きな人におすすめ

「ひきたつレモン」という名前の通り、レモンの酸味も苦みも感じることができるレモンサワーでした。

しっかりしたレモン感が好きな人におすすめです。

ただ、果汁10%の「丸おろしレモン」と比べると、味わいが違いました。

「クラフトー196℃」の方が果汁が少ない分、酸味は抑えられて、苦みが強いように感じます

私としては、もう少し軽い味わいが好きですね。

価格は350ml1本で135円ほど(アマゾン価格)。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

関連記事もご覧ください。

コメント