コスパ最強で手間いらずのウォーターサーバーを見つけた!

水が入ったグラス節約


在宅時間が増えて、水やコーヒーの消費量が増えています。


ペットボトルの水を買うと、ゴミがでるし、運搬が大変。


ウォーターサーバーがあれば、すぐに温水や冷水が出せるので便利です。


ただ、コストがかかります。


最低でも3000円台。追加注文すると4000円、5000円・・・


特に子どもが大きくなって、水の消費量がグッと増えました。


コスト
の問題もあって、ウォーターサーバーは設置していなかったのですが、いいものを発見しました。


定額
飲み放題のアクアスタイルです。

公式サイト↓
アクアスタイル

アクアスタイルのメリット・デメリットをまとめました。


水が入ったグラス

月額3608円で飲み放題


何といっても最大のメリットは、定額で飲み放題ということです。


月額3608円です。(税込)


定額の理由は、水道水を浄化してウォーターサーバーに供給するからです。


カーボンフィルターとウルトラフィルターという2種類のフィルターが、水道水から草宮不要な物質を取り除いてくれます。


もともと日本の水道水は美味しいので、残留塩素などを除去するだけでも十分だと思います。


蛇口に取り付ける浄水器でもいいのですが、サーバーがあった方がすぐにお湯や冷たい水が飲めます。


サーバーのおかげで、お湯を沸かさなくていいし、冷蔵庫を開け閉めする必要もありません。


ウォーターサーバーはすごく便利です。

たくさん水を飲む人の方がお得なウォーターサーバー


飲み放題でコスパ最強と書きましたが、これは正確ではありません。


く飲む家庭ほど、お得になるからです。


1人暮らしで、ほとんど家にいない人であれば、そんなにお得ではないかもしれません。


私の場合、4人家族です。


それに、在宅時間も結構長いので、1日1.5リットル~2リットルは飲みます。


一般的なウォーターサーバーであれば、7000円以上の量です。


半額ほどの料金で、気兼ねなく飲み放題です。

設置の手間がなく、ストックするスペースが必要ない

蛇口


水道直結式のよいところは、ボトル設置の手間がないことですね。


12リットルサイズが多いですが、設置するのは意外と手間です。


私も会社員時代に設置作業をしていましたが、12リットルって男性でも重いです。


水道直結であれば、ボトル設置しなくていいし、ゴミもでません


それにストックしているボトルを置いおく場所も必要ありません。


宅配便の受け取りも必要ありませんので、本当に手間いらずです。

フィルター交換は年1回は無償で対応


フィルターは1年1回の無償交換です。


自宅に届けられるので、自分で交換します。


ワンタッチ式で交換できますので、難しくないと思います。


もし1年未満で交換したいのであれば、1セット9900円。


私のような4人家族で、水道管が古くなければ途中交換は必要ないでしょう。


初期工事は必要だけど無料対応


デメリットの一つは、設置工事が必要という点です。


使い始めたらボトル交換などの手間はありませんが、設置には工事が必要です。


ただ、基本的な設置費用、現場調査費用や訪問費用は負担する必要がありません。


もし、特殊部材が必要となった場合は見積書を発行してくれます。


特殊な工事が必要な場合はお断りしてもいいでしょう。

災害時の備蓄にはならない


ウォーターサーバーで使う12リットルペットボトルは、備蓄という意味もあって、多めにストックしている家庭もあるようです。


アクアスタイルは水道直結式ですので、ボトルのストックがあるわけではありません。


ストック場所が必要ではない半面、備蓄はできないのでデメリットであるかもしれません。


ただ、備蓄用はペットボトルで用意しておけば問題ないと思います。

温水と冷水がいつでも飲める

 

アクアスタイルのウォーターサーバーの規格は次の通りです。

タイプ:  冷温浄水器
大きさ :   260mm × 462mm × 1120mm
重量 :      22kg
カラー:    WHITE / BLACK
温水:       温度 85℃前後 タンク容量 2L
冷水:       温度 4 ~ 10℃ タンク容量 3.2L


一般的なサーバーと同じような仕様です。


チャイルドロックも付いているので安心です。

アクアスタイル黒

コストを気にせずに、いつでも飲めるのは気持ちいい


このアクアスタイルですが、いくつかのデメリットはありますが、消費量が多い私の家庭では、非常に助かっています。


アクアスタイルのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。

メリット
・消費量が多い人ほどお得
・ボトル入れ換えの手間がない
・ストックの置き場所が必要ない
・宅配便でのボトル受け取りが必要ない
・ゴミが出ない
デメリット
・消費量が少ない家庭にとってはお得感は少ない
・設置工事が必要(通常工事は無料)
・水道水の質が悪い場合、水質に不安がある
・備蓄にはならない
・フィルターの取り換えが必要(年に1回)


我が家は消費量が多いので、お金のことを考えずに、冷たい水をいつでも飲めるのは嬉しいです。

 

「安くておいしい水を飲みたい」という人の参考になれば幸いです。

公式サイト↓
アクアスタイル

 

コメント