サントリー -196℃ 〈ザ・まるごとレモン〉を飲んでみた【甘くなくてさっぱり】

-196℃ 〈ザ・まるごとレモン〉レモンサワー


サントリーの「-196℃ 〈ザ・まるごとレモン〉」を飲んでみました。

 

21年3月末発売の新商品です。

 

缶に「スッキリ」と書いてありますが、まさしく「すっきり」でした。

 

「-196℃ 〈ザ・まるごとレモン〉」は次のような人におすすめです。

・酸味があって、すっきりとしたレモンサワーを楽しみたい人
・ビールよりも少し強めのアルコール度数で楽しみたい


簡単に製品の特長などをまとめました。

 

レモンサワー選びの参考になれば幸いです。


-196℃ 〈ザ・まるごとレモン〉

スポンサーリンク

果汁3%でサッパリ

 

飲んだ瞬間の感想は「甘くない」でした。

 

果汁は3%。

 

宝の「丸おろしレモン」の果汁11%に比べると少ないです。

 

ただ、〈ザ・まるごとレモン〉の方が酸味を感じます。

 

本当に「すっきり」とした飲み口です。

 

揚げ物などと一緒に飲むと美味しそうです。



瞬間凍結でレモン丸ごと



特徴は、レモンをまるごと-196℃で瞬間凍結する製法です。

 

液体窒素を使って瞬間的に凍らせる製法で、果実を新鮮な状態に保つことができるとのこと。

 

その瞬間凍結した果実をパウダー状に粉砕。

 

そのパウダー状のものをウォッカに浸漬させているようです。

 

この製法のおかげなのか、レモンのフレッシな酸味を感じることができます。



白濁していて、後味もすっきりです。



アルコールは7%、糖類・プリン体はゼロ

レモンの実

100mlあたりの成分は以下の通りです。

アルコール分   7%
エネルギー    44kcal
タンパク質    0g
脂質         0g
炭水化物          1.0g
糖類            0g
食塩相当量         0.13~0.23g
プリン体            0mg


アルコール分は7%

 

甘味料不使用で、プリン体、糖類はゼロです。

 

ただ、香料は入っています。

 

ベースとなるアルコールはウォッカです。

甘くないけど、アルコールっぽさも



糖類やプリン体はゼロで嬉しいですね。

 

甘くなくて、レモンの風味も感じられます。

 

甘口が好きな人が飲んだら、酸っぱいと感じるかもしれません。

 

それに、アルコールっぽさを感じました。

 

「宝 極上レモンサワー丸おろしレモン」、「麒麟 発酵レモンサワー」は、ほとんどアルコールっぽさを感じることはなかったです。

 

それらに比べると、これはウォッカを感じます。

 

私は、ウイスキーなどのアルコール度数が高めのお酒にも慣れているので大丈夫です。

 

ただ、「アルコールっぽくなくて、美味しいお酒が好き」という人は苦手かもしれません。

(あくまでも個人的な感想です。)


価格は、350mlで100円程度。

 

お手ごろ価格で、サッパリとしたレモンサワーを飲みたい人には嬉しいですね。

 

お酒はほどほどに楽しみましょう。


【参考記事】宝酒造「極上レモンサワー 丸おろしレモン」を飲んでみた

【参考記事】発酵レモンサワーを飲んでみた【感想: 酸味と旨味が美味しい 】

【参考記事】辛口でさっぱり!大分のかぼすハイボール【美味しいお酒】

コメント